FC2ブログ

未分類

僕は少しおかしいのではと人から言われています。

 ←動物の心 →黄昏時の白い道
昨夜マロが一晩入院した。
連れて帰った日マロは大変機嫌が悪かった。
機嫌の直らないマロを無理やり僕のベットに連れて行き、
逃げようとするマロを抱きしめて、
マロの目を見ながらいろいろと一生懸命説明した。
子供をあやすように、トントンとやわらかく触れながら理由を話して聞かせた。
いつの間にかマロは小さな寝息を立ててそのまま僕の腕の中で眠りについた。
その顔を眺めながら昨夜は、見知らぬ病院の小さな部屋で、
さぞや心細く辛かったであろうと思うと、
その安心して眠っているマロがたまらなく愛おしくなる。

翌朝10時になるのを待ちかねて、いつものペットショップに駆け込み、
マロの好きなものを買出しに行った。
いつもはあまり高価でない物を購入しているが、
この日は特別価格のものを購入した。

鳥のささみと緑黄色野菜の缶詰 145円を225円のものに・・・
牛肉の角切り缶詰188円を265円のものに・・・
おやつの、まるボ-ロというお菓子を容器ごと購入した・・・
それらを寝ているマロのベットに運び一口ずつ食べさせた。

彼は全てを食べ終えた後・・・僕の足もとにうずくまった。
そして、マロ・・・と呼ぶと僕をじっと見上げて なに? と言った。

僕にとってマロは
家内よりも・・・子供達よりも・・・友達よりも・・・
誰よりも、誰よりも大切な存在なのであります。

僕は家内と言い争いをした時など、
マロを連れて家出したいと思ったことがあるのですが、
どういうわけか、マロが出て行かないというので、
僕は仕方なく家出をしなかったことが何回かある。

マロは本当は誰が一番好きなんだろうか?
考えるとまた眠りが浅くなつてしまう・・・・・・


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
         
動物の心 ←動物の心    →黄昏時の白い道 黄昏時の白い道

~ Comment ~

NoTitle 

お気持ち良く分かります。大切な家族ですからね。まろちやんのご機嫌治ったようで良かったですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【動物の心】へ  【黄昏時の白い道】へ