FC2ブログ

未分類

少し辛いご奉仕

 ←マロと次男の関係 →嘘のような本当のお話
頼まれて・・・

知り合いのお医者様から、死生観について話をしてやってくれと頼まれ、
知人の方のお見舞いに、その病院に行った

その方は、もう何日も十分に寝ておらず、
寝てしまったら、死んでしまうからそれが怖いと云って、
ベットの上で座っていらっしゃるとのこと。

いろんなお話をさせて頂き、
"人が死ぬということは、後に残していく者に対して、
 あなたが贈る人生最後にして、最大の贈り物です"。
と言って病室を後にした。

私は立場上、今まで沢山の方々に死について話をし、
死生観を伝えてきたが、
それらの行いが、いつか訪れる私の死に際に、
どれだけの力になってくれるのだろうかと、
思いながら家路についた。
なんだか虚しい今日の夕暮れです。





記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

NoTitle 

母が間もなく逝くのだと、やっと覚悟した身としては
死ぬのが怖いと眠らない方のお気持ち、切ないです。
微笑みかければ微笑み返す。孫の写真を見せれば
誰?と聞き『お母さんのひ孫だよ』と言うと、小さな目を
見開き『可愛いね~』と言ってニッコリする。

死ぬことへの怖れなど思い煩う事も無い様子です。
もし、このまま長寿を全うして逝ければ世界一幸せな
最期なのかもしれないと思います。
財産を全く残していない事で、後々親族が争う心配が
無いというのが母にとっては何より安心な事かもしれませんね。

まさに死ぬ事が最大の贈り物なのだと思います。
ありがとうございます。

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【マロと次男の関係】へ  【嘘のような本当のお話】へ