FC2ブログ

未分類

夜も眠れそうにない悲しい出来事がありました。

 ←ニュ-トンの魂か →親が馬鹿なら子も馬鹿だ
どうしてそんな酷いことが出来るのか  !!

雨上がりの午後の公園。
小学4、5年位の子供達が6・7人で遊んでいた。
わいわい騒いでいたので、なんだろうと見ていたら、
何かの理由で飛べなくなったカラスに向かってボ-ルを投げていた。
見たところそのボ-ルは、ゴムつくりで硬くはなさそうだったが、
カラスはそのボ-ルが体に当たるたびに倒れたり、バタバタとして、
その苦痛を耐えていた。

私はあらん限りの怒りを子供達にぶっつけた。
"カラスは物が言えないが、悲しいときは泣くし、おなかがすいたら声を出して鳴く、
怖いことに出会ったら、必死で逃げるし、怒ったら顔をしかめて怒りを表す"
"カラスも人間と同じ、ただ物が言えないだけだ"

"お前達にひどい目に合わされて、このカラスはどんなに激痛で苦しく、
どんなに辛かったか、 わかるか、くそ坊主 !!"

"それでもカラスの苦痛がわからないなら、お前達一人ひとりに、
俺がこのボ-ルを投げてやるから、試してみるか"

"どんなに辛くて、どんなに痛いか、カラスと同じようにしてやるから覚悟せい !! " 

怒りで体を震わせ、手を震わせながらて怒っていた私の剣幕に圧倒されたか、
この非情な子供達はみんなでおとなしく下を向いていた。

こうやってこの悪餓鬼どもを叱っている間、
カラスはぐったりとして、顔を地面につけていた。
ボ-ルを投げられ続けている間、このカラスはどんなに怖かっただろうと考えると、
害鳥といえども、その苦しみに対し、涙を禁じ得ないのであります・・・・。

                                          続きは明日です。



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【ニュ-トンの魂か】へ  【親が馬鹿なら子も馬鹿だ】へ