FC2ブログ

未分類

カナの心に寄り添って

 ←お叱りを覚悟で慰安婦問題の私見を述べる →やむなく徹夜してしまった
カナが元気なころ
カナ !と呼ぶと 即 、ニャ-ン とこたえてくれた。
何か話しかけても必ず返事をするから、お返事カナと呼んで褒めてあげた。
今はほとんど返事をしない。
口だけあけて返事をしてるのだけど、声が出ない。
一日、三回、2時間ずつ酸素ケ-ジに入って治療している。
マロも心配してカナの部屋には入らないようにして協力している。

ご飯を食べた、
水を飲んだ、
元気そうに歩いた、
大きな声で鳴いた、
自分からベランダに出た、
上を向いて寝ていた、
すりすりして甘えた、
トイレに行けた・・・・・

こんな当たり前で普通のことに一喜一憂しながら
    僕たちの一日が終わる



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【お叱りを覚悟で慰安婦問題の私見を述べる】へ  【やむなく徹夜してしまった】へ