FC2ブログ

未分類

苦情の投書があった

 ←自覚する →母から教わった男と女とは
IMG_0001.jpg

僕が続けている教室の受講生の方から次の投書をいただいた。

”高い授業料を払っているのに講義の中で息子の自慢をするのは見苦しい、
ほかの立派な講演家の話をよく聴いて、勉強し、あなたも都会的センスを身につけなさい”
と言われた。

自慢した記憶はまったくないけれど、その人にそう聞こえたなら、僕の間違い!
僕たち講演をする者にとって一番やってはいけないことは身内の自慢話!。
だから絶対に、十分に気をつけて話しているつもりだけれど
どこを取ってそう判断されたのか
心を入れて勉強しなければならない。
ともあれ、ご注意は僕にとって宝。






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

そんなことまでいう人がいるのですか。
なんだか辛いですね。
応援していますから気にしないでがんばってください。

 

こういうことをいい、投書したり、また、同調したりする人たちは心の淋しい人ばかりです。
気にしないでほったらかしておきましよう。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【自覚する】へ  【母から教わった男と女とは】へ