FC2ブログ

未分類

いかに生きて いかに死ぬか VOL 1

 ←僕の故郷 →いかに生きて いかに死ぬか  VOL 2
Blue hills

生あるものは全て必然的に死は避けがたく、自然の理として考えなくてはなりません。
百人が百人、千人が千人、全て100パ-セント死ぬわけだから、その死が嫌だとか、怖いとか、
また、縁起でもないこととして話題にすることすら忌み嫌うのはどこかおかしいと思う。
先ほども述べたとおり死は自然の理として捉え、
同じ死ぬならそこに至るまでの死の理念を排除するのではなく、
死はごく自然なこととして受容出来るようになると、心が落ち着くのではないだろうか。
癌死を含めて、死について語るのは怖いし、縁起でもないこととして
自分も回りも、ひた隠しに隠すから
余計辛くなったり、耐えられなくなったりするのだと思う 。

                                             明日へ続く





記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

私の考えも間違いじゃないのかなと、安心しました。

どう生きてきたのか、どういう最期を迎えたいのか…
患者さんとそんなお話もしたいのですが、
縁起でもない!最後まで戦いたい!!元気出さないと!!!
こんな方々やご家族が多いです(ノД`)

人生を全うしたと思えるには、元気なうちから死生観を育んでおくことが大切なのになぁ…

なんて思ったりしながら、ヒヨっ子ながら日々働いています。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【僕の故郷】へ  【いかに生きて いかに死ぬか  VOL 2】へ