FC2ブログ

未分類

近頃ぼくはこんなふうに思う

 ←明日への箴言 →母の遺言
 
  慕い仰ぐ心
子供にとって母がいることがすべて、
母がいればそれだけでいい。
母かいることは、世界が全部あることだということに、何の揺らぎもない。
しかし世の中には、本人の意思とは裏腹に、生き別れ、死別、親の離婚等いろいろな理由で、
寂しく暮らさなければならない子供もいる。

出かける時、送ってくれる母がいない、
泣かされて、虐められて帰ってきても、家に母がいない、
うれしいことがあっても、抱きしめて喜んでくれる母がいない・・・

母は幼子のために死んではならない!!
母は決して遠くに行ってはならない!!


僕は幼いころ
学校から帰るとすぐ母さんを探した
遊んで帰ったときもすぐ母さんを探した
かあちゃ-ん・・・!!と呼ぶと、母の声がしただけで安心した。
母の存在は子供にとって人を愛する心を醸成する原点。
 僕は今頃こんなふうに思う・・・

    "かあちゃん"・・・なんと快い言葉の響き


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
         
明日への箴言 ←明日への箴言    →母の遺言 母の遺言

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【明日への箴言】へ  【母の遺言】へ