FC2ブログ

未分類

父よ母よ故郷よ・・・第2章

 ←私の故里は・・・第一章 →父よ母よ故郷よ・・・第3章
IMG_201501291823351b3.jpg

夕暮れ時、遊んでいると遠くから
"清さ-ん、ごはんよ-"と僕を呼ぶ母さんの声がする
仕事からもう父が帰ってきたのだろうか。

しばらくすると、母さんが迎えに来た。
"何してるの!、早く帰りなさい"と母さんは怒った声でいう。
でも顔はにこにこと笑っていた、優しそうに笑っていた。

帰り道、母さんと手をつなぎ、歌を歌って家路につくと、
夕日に染まる空の彼方をカラスが鳴きながら飛んでいた。

母さんが"清さん、あのカラスはね、お父さんカラスだよ、一日中働いて、
子供たちが待っている巣に帰っていくところだよ
"と夕焼け空を指さした。

僕は母と二人で言葉にならないほどの美しい絵模様にも似た自然を、
魅せられたようにしばらく見入っていました。

母と二人で見た故郷の時の流れは、
それはそれは美しい母の香りのする、僕の詩作の原風景です

SAVE0044.jpg



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【私の故里は・・・第一章】へ  【父よ母よ故郷よ・・・第3章】へ