FC2ブログ

未分類

日曜日の僕とマロの一日

 ←今年最初の驚いたことと腹立たしいこと →出版します
 
   マロ!!起きなさい、散歩行くよ

201712241107245b7.jpg


六時過ぎに目が覚める、マロはまだ寝てる。
僕が起こすまでマロは起きないから、
朝7時前に僕がマロを起こす。

2人で水を飲んでから、ゆっくりと支度をして朝の散歩。
帰ってマロの朝食を作り僕と一緒に朝食の時間。
昼過ぎ、マロと一緒に近くの公園に行って日光浴。
公園に来ている人達がマロを見て、
"まあ-きれいな顔してますね" とか"賢そうな顔ですねぇ-" とか "品格がある"とか・・・
こんなこと言われるものだから、僕は公園にずっと、ずっと居たくなる。
しばらくして家に帰って、ボ-ル投げをする。
マロはこのボ-ル投げが一番楽しいみたい・・・・

午後4時過ぎに昼の散歩に出かけ、自宅と反対側の川土手を散歩し、
川で遊んでいる水鳥を眺めながらマロといろんなこと話し合う。

しばらくすると夕ご飯、
僕がマロの一番好きなおかゆを作ってあげて、
みんなで一緒に夕食を楽しむ。。

それから寝るまでの間、マロは僕から片時も離れない。
書斎で仕事をしている時は、僕の足元に置いてある \ 5、800円のベットで寝ている。
仕事を終え12時過ぎ、"マロ寝るよ、高級ヘットに行きなさい"と一言いうと、
その一言で彼は寝室へ行く。
寝室には、僕のベットの横に \ 8、900円もするマロ専用の高級ヘットがあって、
そのベットで朝までぐっすりと優雅に寝る

僕はマロの寝息を聞きながら安心して眠る。
1日の内少なくても4、5時間は確実にマロと一緒に行動していることになる
マロが人化しているのか、僕が犬化しているのか今はもう截然としなくなったが、
現在、マロは家人より子供達より、全てを超えて僕の一番の友達であり理解者でもある。
時が来て、永久の別れが来るとしたら、
マロを送るのは耐えられないので、僕が先に終焉をむかえたいと思っている。



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

NoTitle 

マロちゃんは至福の時を過ごしていますね!同じペットを飼う者として、ペットロスを考えてしまいますが、マロちゃんは忠犬ですから、飼い主さんが、先に逝くと後の想像が出来てしまいます。出来ればそんな悲しい思いはさせたくないですね。こればかりは、人間がどうこう出来る事ではありませんが、今、この時がずっと続きますように。

 

先生のペットロス、マロ君の深い悲しみ・・・両方とも心配です。この世に永遠という事はないと分かっていても、先生とマロ君の今が永遠に続いて欲しいと私も思い、祈ってます。
私は天国で、亡くなった愛犬ロッキーと必ず会えると信じています・・・
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【今年最初の驚いたことと腹立たしいこと】へ  【出版します】へ