FC2ブログ

未分類

僕とマロの正月

 ←佳き日、良き人、蒼き空 →うたかたの時
  
 僕とマロの正月

20171118164909dac.jpg

長い休みだった

僕はずっとマロと一緒だった
マロは片時も僕から離れない
食事している時も、机についている時も、部屋を移動する度に、
振り向けばいつも後ろにマロがいて僕を見ている。

家人にちょっと内緒ごとをしようにも、
マロが見張っているので無茶苦茶やりにくい。

昨夜、テレビで男女の濃厚なラブシ-ンが映し出されていた。
家内がいないことに安心して
僕は年甲斐もなく大変興味をもって画面を凝視していたら、
すぐ側でマロが憐憫の情をもって僕を見ながら、
鼻で大きく息をした。
その仕草がなんだか溜息をしたように思えた。

いくら犬でも、あんなに凝視されてはちょっと気恥ずかしい。
たかが犬だからと思ってはいるが、
家人と僕とマロの三人は、言葉で日常生活を送っているので、
僕のやること為すことを逐一家内に告げ口をして、
筒抜けになっているのではと思わざるを得ないことが沢山ある。、

だから僕は、ことマロに関しては警戒を怠らないようにしている。

翌日の夜、家人から
"あなたって、いつまでも心が枯れない人ねぇ・・・"と言われた
昨夜の少しいかがわしいテレビの画面を夢中になって観ていたことを
マロが家人に言付けたのではとちょっとだけ本気で思った。
僕は頭が少しおかしいのだろうか?


僕の今年の一番の希望は
  マロが元気でいてくれること・・・・
 他には何にもいらない






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

言葉喋べれなくても、心許した飼い主と犬はどんな事でも分かり合えると聞いてます。奥様入れてそういう世界に思えてきます。
もしかしたら、いつまでもいつまでも仕方ない人だと告げ口したかもしれませんね。

NoTitle 

分かっていると思います。こちらの行動を見ています。!?ひょっとしたら、言葉も解っているかも知れないですね。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【佳き日、良き人、蒼き空】へ  【うたかたの時】へ