FC2ブログ

未分類

詩情の世界

 ←ちょっと複雑な気持ちです →この街で生きてきて
 書きたい思い

SAVE0069.jpg

いつしか私も齢をとり
いくらかの体力も失せてきて
いくらかの情熱も衰退
それでも私の中には
何かを書き残したいという
気力と使命がたぎっている気がする

私は静かに黙って詩を書きたい
誰が見てくれるのかわからないけれど
 それでも密かに書き続けたい

私の詩文のそれぞれに
誰か一人でも
励まされたり 勇気づけられたりする
 そんな名もない詩を書いていたい

喜びが永久に続くように
哀しみが少しでも軽くなるように
そんな 人に少しでも影響を与えることが出来る
 そんな詩を書きたい

難しい言葉や理屈っぽい表現はやめて
言葉の後から香気が漂ってきて
思わず心を抱きしめたくなるような
そんな たまゆらに耀よう詩を
 私は書きたい

秘密も偽りもなく
私の全てを白日の下に晒し
人から批判されたり
軽蔑されたとしても
正直な思いを正しい心で表現した
 そんな詩を私は書きたい

今日までの私が
どんな人間で
どんなに卑しく
どんなに虚実な言動を重ね
どんなに薄情な虚言に及んできたか
知られるのが怖い気がするが
そのほうが人生の中で
私が犯した罪障が軽くなっていく気が゛するから
それはそれで享受すべきことと思う
 そんな不器用な詩を書いてみたい

やがて私が亡くなって
沢山の季節を超えたあと
私の詩に触れた人が
少しでも心を揺さぶられ
それからずっと長き年月
心の片隅に記憶として残ししてくれる
 そんな詩を残しておきたいと思う

梅が咲いて
桜が咲いて
新緑の木々の間を駆け抜けて
菊の宴を通り抜け
びわの花が咲く景色の中で
とめどもなく心に浮かぶ想念を
 ひっそりと記していきたい

おぼろに見える月の夜に
誰かのために 自分のために
一人彷徨うそんな詩を
 私は書きたい

ゆくりなく人は出会い
 ゆくりなく人は別れていく
今日の日まで私が出会った
 全ての人の心に染み入る
浄め浄められた詩を
 私は書きたい・・・               2018年 11月 17日     






記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

お久しぶりです。
情景が綺麗な詩ですね

 

花便りしきりの春、賑やかな夏、短か過ぎる秋そして長い冬・・1年又1年そして1年・・文字となった詩は永遠に残ります。手にとり読む度、作者の想い、生き様を改めて知り勇気、力を享受出来るかと。書き残したい気力、使命が1年又1年そして1年と続く事祈ってます。

NoTitle 

ゆくりなく という言葉を辞書で調べましたが
出ていません。
きれいな言葉なので知りたいので
公開ください

NoTitle 

ゆくりなく・・・とは
思いがけず、また、考えてもいない時 という意味です
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【ちょっと複雑な気持ちです】へ  【この街で生きてきて】へ