FC2ブログ

未分類

静かな夜に・・・

 ←相談に答えて →別れの美学
 
  齢傾いて

 IMG_201501291823351b3.jpg


幾つもの季節に染まり
はるばると越えて流れた幾星霜
今日まで安寧とした心の着地もあまり記憶にない
そんな思案が秋の終わりの柿の葉のように
風に吹かれてはらはらと散っていく

希望とふたつで昇ってくる朝日の耀きよりも
役目を終えて静かに山間に沈んでいく夕日の黄金に
尊厳と畏敬の念を抱くようになったのは
齢重ねたわが身の変遷か

そして今日もまた
人生の喜びや苦渋を時空の中に閉じ込めて
 雲の彼方にゆっくりと夕日が沈んでいく

やがて来る命脈の終焉・・・
今日まで
何をなしたか
何を実らせたか
未練はないか
執着はないか

恨み言も 言い訳も 侘しさも 恐怖も 
拾い集めて安らぎの中に懐抱し
慌てることもなく 恐れることもなく
こころ穏やかにして
亡き父母のもとに辿りつけるであろうか

生きてきた命の軌跡を振り返ると
思い彼方に
澄んだ空の下で
無垢な少年の蒼き笑顔がゆらゆらと
心の中で戯れる

長い道のりであったが
過ぎてみれば溜息が出るほど短い私の旅路

未来も永劫も回帰も存在しない
永久の旅路のその時は
寂寞とした連峰の向こうに沈んでいく夕日のように
空を茜色に染めて
 黄金に耀く昇華の旅路でありたい

季節の谷間を通り抜け
消えていく夕日を追いかけながら
過ぎていくこの時の慎ましい夢の欠片の一塊を
  問うて 問うて 問い続け・・・・

寡黙な時が季節を告げて
 秋がゆっくりと心の中を透過する

               2018年10月13日           




記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類
         
相談に答えて ←相談に答えて    →別れの美学 別れの美学

~ Comment ~

 

お恥ずかしいのですが寂寞と言う言葉の読み方を教えて下さい

NoTitle 

kei様
寂寞は せきばく と読みます

 

遠い昔、白い雲を眺めながら、憧れ、ときめき夢見た日・・時は流れ流れ幾つもの物語が川の様に流れ・・悲しい事が圧倒的に多いかもしれませんが思い出すのはそれを乗り越えた自分。上手くいかなくてもそんな人生が素敵と歳とった今分かった気が。夕日にこれからは?と問うてみたいです・・・
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【相談に答えて】へ  【別れの美学】へ