FC2ブログ

未分類

僕が生まれた理由

 ←ほんの小さな情(こころ) →僕はどんな人間なのだろうかと考える
  
 静かに 静かに


SAVE0118.jpg

神様の御手の中で僕はこの世に生まれた
父母の慈しみに包まれて大人になった
そして沢山の人々のご恩を戴きながら
ここに今 こうしている
生きている間 衆目の喝采をあび続け
散る時は
僕を取り巻くすべての人々の拍手の中で
堂々と彼方へ旅立ちたいと思っていた

齢長じたいま
庭の片隅で
人知れず芽が出て
人知れず花が咲き
人知れず庭に零れて
新しい命をはぐくむ
そんな尊い命の営みに心を添わせながら
愛する家族と
ほんの数人の縁ある人達に見守られながら
人知れず旅立っていくのも
素晴らしい終焉であると
僕はそんなことを考えている・・・

花や木よ
あなたの運命(さだめ)に寄せて
僕は今ここにある





記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

生前どれ程素晴らしかった人?か葬式の参列人数の多さで分かるとも言いますが、庭の片隅の花の終焉も素晴らしいです。終わりを迎えた時、どれだけ多くの人が生前の言動、思いを思い起こし涙流し寄り添ってくれるか、たった一人でもそういう人がいるという事が尊い命だったという証かと。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【ほんの小さな情(こころ)】へ  【僕はどんな人間なのだろうかと考える】へ