FC2ブログ

未分類

祈りの日々

 ←非常に残念だが、我々は年寄りになってしまった →ちょっと下卑たる話
 耐えられない哀しみの中で

また台風か日常を襲う、
雨が降り風が吹き、いたる所で悲劇が起こる。
その数、その規模の大きさだけ、家族の哀しみがある

わが故郷は今、家族を失い、家を失い、財産を失い、
その中で酷暑を耐えて今日も復興に努力する方々が、
私の周りに沢山存在する。

我が子を失った母親が、炎天下のもと、
崩壊したわが家の前で、佇み、手を合わせ、必死で哀しみを耐えている。

もし、僕が突然として理不尽にも、家族を失い、家財産を失い、
加えて、気も狂わんばかりの猛暑の中でこの方たちのように、
艱難辛苦を耐えていけるかと問われたら、
恐らく、耐えて生きていく自信はゼロに近い。

我が地方は今日もまた、気力体力の限界の中で、
復興のために懸命に汗を流し続けている方々が沢山いる。

そしてまた、何事もなかったように、朝が来て日が昇り、蝉が鳴く。
力無き者、ただ、ただ、黙して瞑すべし。
                                黙祷・・・・・     





記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

 

言葉もありません
ただ祈るだけです

 

おはようございます
自分も祈ります。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【非常に残念だが、我々は年寄りになってしまった】へ  【ちょっと下卑たる話】へ