FC2ブログ

未分類

年長ける日々の流れによせて

 ←降り積もる雪の白さよ →季節の詩情

 SAVE0058.jpg

 考えて 考えて・・・

僕は心も体も老いてしまったのだろうか
美しい景色の中に
心を重ねて入れなくなった
喜びに躍り上がって
飛び回ることもなくなったような気がする

降りかかる悲しみに
落涙することさえも少なくなった

そして今日もまた
普通にめざめ
普通に時を過ごし
普通に眠りにつき
いつもの所で
いつものように
同じように・・・

そしていつの日か
過ごしてきた命の尊厳とは裏腹に
僕もまた
心ならずも病に臥せる時が来る

その時に
家人は僕に優しく手を差し伸べてくれるだろうか
友は枕辺に来てくれるだろうか
老いさらばえた僕の身体を
労わってくれるだろうか
僕の生きてきた命の軌跡を
両の手で包み込んでくれるだろうか

夜半の静寂に覆われた暗闇の中で
脱落した心が漂い
明けやらぬ夜の沈黙に
思考の自由を奪われ
僕はこんなことを考えてしまう

静かな時を越えながら
季節はあと少しで万花の春へ・・・


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

老いるとは辛い苦しい 

今日91歳女性のかたが腰の手術され入院されてたのでお見舞いに平塩先生の珠玉の言句集持って行き一緒に声出してささやかな幸せを読みました、何ページも声出されて読まれました!胸に抱いて嬉しいと、、、私は夢をみたのよ夢を見れること見る夢がある事が幸せなのよねと、言われて喜んでくださいました、今日LCに行って本当に良かったです(^。^)感謝、おもいやりのある言葉は人の優しさを呼び出してくれます(^。^)

ありがとうございます 

温かいコメントなんだか沢山うれしい。
高齢の方のこの言葉は大変うれしいです。
 

年長けて・・・ 

失ったものを数えるより、残されたものを最大限に生かす一日一日を送りたいかと。多くを望まなくても小さな喜び、楽しみを拾いながら。今日と変わらぬ明日が来てくれたら幸せなのだと思ってます。ご家族、ご友人、皆様、先生の味方?です。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【降り積もる雪の白さよ】へ  【季節の詩情】へ