FC2ブログ

未分類

降り積もる雪の白さよ

 ←私の日々 →年長ける日々の流れによせて

   降りまさる雪の白さに

  SAVE0082_201412062112102de.jpg

雪が降り 雪が舞う
幽谷の奥山の
濃緑色した木々の連なりを
粉雪が白く染めていく

山地の裾野に広がる
小高い山々を彩る紅緑色の木々の群れにも
しんしんと雪が降り積もる

周縁に広がる軒の低い家々の屋根にも降りまさり
刻々とその色合いを変貌させる

それぞれが
降りしきる雪の白さに
埋もれないように抗うその様は
あまりに無力で哀れでもある

全ての景色を白一色の
音のない虚空の世界へと埋没させる

辺り一面の生命のすべてのそれぞれを
組み敷き 従わせる凛然たるその白さは
この世の善も
この世の悪も
降りしきる雪の白さに閉じ込めて
汚れを知らぬ無垢な過去へと私を誘う

悲しみも 苦しみも 孤独も 嫉妬も
この圧倒的な白さの前にひれ伏し
同化され 吸収され
やがていつしか消えていく

この気高き白さの中に心を投げ出せば
私もきっとこの寂寥感から抜け出せるかもしれない

雪が降る
雪が舞う
今も 今も雪が降る
音もなく香りも消えた夢幻の世界の物語の中で
人影もない沈黙だけが
この世の全てを支配する

この雪の白さに挫けないように
この雪の白さに 
   泣かないように・・・・・


  * 雪の朝のマロと散歩は少々辛いけど、マロと僕の年寄り二人で励まし合って散歩しています。
  



記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

目を閉じれば・・・ 

瞬く間に真白になった別世界・・・圧倒的な白さに負かされてしまいますが、その静寂の中で、見えないものが見えるようになり、聞こえないものが聞こえるようになり、やがて新しい生命力をもらい・・・雪どけと共に・・・そんな自分を信じたいです。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【私の日々】へ  【年長ける日々の流れによせて】へ