FC2ブログ

未分類

ミカンの丘・・・・その1 (松原美代さんの弟さんの散文詩)

 ←こんな投稿作品が届きました →ミカンの丘・・・その3(投稿原稿掲載)
初めての入院生活も早6ケ月を経過した。
土色に染まった妻の手、青白い我が手・・・
お前に任したと言いつつも、あれこれと注文を付ける私は、
欲が深い人間なのだろうか


  ミカンの丘

手も足もなく
波に揺られる丸太棒のように
何もできない 何も動けない苦痛
僕は怖い・・・
生きる意思に関係なく
もてあそばれ流されて

どうやって方向をつかんだらいい
どうやって眠ったらいい
快い目覚めは
いつになったら訪れるのか

雲一つない澄み切った空
こんないい天気は
今まで幾日あったろう
行楽日和 仕事日和
でも僕はじっとベットから眺めるだけ

吸い込まれそうな蒼さ
音のない広がり
心の底から叫んでみたい
この一人ぼっちの淋しさは
ひとりで耐えるには重すぎる
誰が慰めてくれるというのか
じっと待とうかきみが来るまで
それとも飛んでいこうか
風に乗って・・・・
                  *次回へ続く       

    徳島県那賀郡羽ノ浦町           敏 謙一郎    


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【こんな投稿作品が届きました】へ  【ミカンの丘・・・その3(投稿原稿掲載)】へ