FC2ブログ

未分類

往時を駆け抜けて・・・

 ←ぼくの詩情の原風景・・・・その3 →秋の日の追憶
SAVE0022.jpg
  
僕はこうやって大人になった

母ちゃん・・暑うてたまらん
暑かったら裸になりんさい

裸になっても涼しうならん
  そんなら海に行って遊んできんさい

みっちゃんも まこと君もおらんからおもしろうない・・・
  母ちゃんも一緒に海に行こう・・

 母ちゃん今忙しいんよ 清くん一人で行ってきんさい

一人じゃ-つまらんから行かん
   困った子じゃねぇ・・・・



母ちゃん・・きょう宅和先生に叩かれたんよ
  清くん・・あんたまた何か悪いことしたん?したん?

うん…あのね・・先生の自転車にまこと君と一緒におしっこかけたんよ
   まぁ-、どうしてそんな悪いことするん!!、先生怒ったじゃろう?、

うん・・ものすごい怒ったんよ
   謝ってきんさい、今すぐあやまってきんさい!!

一人じゃ-怖いけん、母ちゃん一緒に行ってくれん
  困った子じゃねぇ・・・・




母ちゃんもう寝よう
  母ちゃんは父さんが帰って来るまで寝られんから
    清くん一人で先に寝んさい
   
一人じゃ-怖いけん母ちゃん一緒に寝てくれん
    困った子じゃ-ねぇ・・・・                      


故郷の香りに包まれて
僕はこうやって大きくなった
母の優しさの中で
こうやって守られ 
こうやって抱きしめられ
こうやって愛されながら大人になった


そして今
豊かな山河に抱かれた
過ぎた日々の静謐なる時の中で
母が僕にしてくれたように
僕もまた家族を愛し、家族を慈しむ


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

自分が、親になった時・・・ 

子供達にも、親が、自分にしてくれた事を同じようにしてあげたいです。それほど、親がくれた愛に、感謝し、有難く思ってるからです・・・
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【ぼくの詩情の原風景・・・・その3】へ  【秋の日の追憶】へ