FC2ブログ

未分類

尊敬する人を持つというしあわせ

 ←過ぎた日々、僕はこんなにも純粋だった・・・・ →定年後の妻との付き合い方
尊敬する人がいないということが
 人生とってどんなにおかしいことか


ある人が、
尊敬する人がいないってヘンですか・・・と
僕に聞いてきました。

また、別の方が
ちっともヘンではない・・・
と答える人が僕の周りにいました。

尊敬する人がいるということはその人の謙虚さの創造源です。
逆に尊敬する人がいないということは、
その人の人間性を物語っている気がします。
こういう人はほとんどの場合、
自分勝手で、攻撃的で、傲慢な方が多い傾向にあります。
その人のものの見方、
人の見方が薄ぺらであることの証でもあります

もし、中高年になっても尊敬する人物がいないのなら
かなり恥ずかしいこととだという価値観を持ちたいと思っています。
尊敬する人がいるということは、
よい配偶者に恵まれた以上に幸せなことだと僕は思うのですが。



    


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

尊敬する人・・・ 

自分も、その人の様な生き方をしたいと、強く思うことでしょうか。生きて、いく上で、大きな支えとなり、自分を反省し、そして、鼓舞する・・・
納得いく人生となる気が、します。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【過ぎた日々、僕はこんなにも純粋だった・・・・】へ  【定年後の妻との付き合い方】へ