FC2ブログ

未分類

命と向き合う

 ←僕が元気になれる訳 →なんだか僕は堪え性が無くなった気がする
  人は死ぬということをどう捉えていけばいいのか

食べれなくなったお年寄りは、だんだんと寝る時間が長くなり、
最終的には寝たきりになります。
そんな老人が家の奥の間で寝ている・・・
ひと昔まえには、そんな光景が当たり前のように、
多くの家庭で見られました。
ところが、最近は大多数の人が病院で死を迎えるようになったため、
家での看取り消えてしまい、
人間の死の過程に立ち会機会が無くなった。

人の死を身近に体験してきた昔と違い、
病院で死を迎えるようになったために、
必要以上に死を恐れ、忌み嫌うようになってしまった。
そのために死が近づいてきたら、
大変混乱するようになったと言わざるを得ない。

死生観を定め、死を自然の理と捉え、
その時が来たらそのことを淡々と受け入れる、
そんな心の準備をしておかなくてはと、
近頃真剣に思うようになった

死を自覚して生きていくということは、
生を生たらしめる随一の生き方と思う。


記事一覧  3kaku_s_L.png 未分類

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
【僕が元気になれる訳】へ  【なんだか僕は堪え性が無くなった気がする】へ