FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2020 051234567891011121314151617181920212223242526272829302020 07

【  2020年06月  】 

僕が大学生の時の詩情です

未分類

2020.06.29 (Mon)

  東京の大学に通っていた時の僕の詩情です。 僕は若かった、そしてこんなにも清く純粋だったのに、今は都塵にまみれてしまい、ただのおじさんになってしまった 初めてのデ-ト僕の前をあの人が通るただそれだけで胸が高鳴った偶然に目があったただそれだけで今日は大変なことがあったようなそんな思いで一日が過ぎていった断られるのを覚悟で震えながら精一杯の勇気を出して "僕は田舎者で、お金も取り柄もないけれど、あなたが...全文を読む

PageTop▲

蒼き空の下の出来事

未分類

2020.06.24 (Wed)

    過ぎた時を・・・探り求めて行けばきっと別れに道に辿りつくから悟ったふりをして僕は全てのことを受容する心の中で反芻してみる幸せ 幸せ 不幸せ・・・テ-ブルの上のコ-ヒ-カップがすっかり無口になったふたりの間の空気も不透明さを増し幾つもの切なさを重ねる度に僕達の日常から笑顔が消えていく季節の中で風の色が変わり記憶の中の風景までも泡沫のごとく消えていく愛惜を癒す術もなく音もなく過ぎていく瞬時に染ま...全文を読む

PageTop▲

取り急ぎ

未分類

2020.06.19 (Fri)

  僕は今から呉市の大和ミュ-ジアムというところに講義に行ってきます。久しぶりに呉市の生徒の方々にお目にかかれること大変楽しみ。コロナで自粛中、受講いただいていた高齢の方が持病でお亡くなりになったと聞いた人はいつか命の終わりがあるということはわかりすぎるくらいわかってはいるが、親しい方の死は心痛む出来事であります。...全文を読む

PageTop▲

母逝きてもう20年になる

未分類

2020.06.16 (Tue)

     懐かしき母の追憶寝る前に自分で自分を褒めてやれるようなそんな見事な一日を送りなさい母にとって僕はいつまでも小さな子供なんだ母は自分の尊さを知らないからこんなにも僕の心をうつ言葉が言えるのだろうか知っているからこんなにも僕を感動させるのだろうか指が幼子のように細くて小さかった   * 母の背に負われて聞いた遠き日の 心を濡らす潮騒の音...全文を読む

PageTop▲

私達はコロナ前の生活に戻れるだろうか

未分類

2020.06.15 (Mon)

  僕は以前のように、穏やかに人と接することが出来なくなっている今朝、仕事に行く前にいつものサロンでコ-ヒ-のんでいた。通路を挟んだ向かい側に高齢のご夫婦が会話を楽しんでいた。ただそれだけのことであるが、その奥さんの話し声がものすごく店内に響き渡る。ご本人は気が付いておられないのだろうが、世の中には、普通にしゃべっていても、辺り一面よく響きわたる方がおられる。この方の話し声は、とにかく吃驚するほど店...全文を読む

PageTop▲

亡き母の香りと気配

未分類

2020.06.10 (Wed)

     母の行く手に・・・過ぎた日の気配の中で母は腕白で餓鬼大将の私を棒をもって追っかけた逃げる私を捕まえて手を縛って木にくくった朝目覚めれば台所ではもう母の音がした野菜をきざむ音水道の音かなりうるさい音だけどみんなみんな私を眠りに誘う母の音その母も老いて八十の坂を越えやがて悲しき病の床に母さん 今一番したいことは何かとの問いに "もう一度だけ田舎に帰りたい"と泣いた雨上がりの日に故郷の人々が母の大...全文を読む

PageTop▲

僕は短歌を習いに行く

未分類

2020.06.06 (Sat)

   5. 7. 5. 7 7の句の世界とは 僕が尊敬する短歌の先生が、短歌に親しむという教室を開講されている。是非入講して教えを乞いたいと思っている。僕は抒情詩という譚詩の世界で生きてきたために、季節感を入れ、字数の制限を条件とした、定型詩である短歌は未だ一度も経験がなく、知識も経験も寡聞にして全くの素人であるが、勇気を奮って7月からこの講座に入講して、違う言葉の世界観を経験してみようと思っている僕は出来...全文を読む

PageTop▲

優しさをとり戻さなくては・・・

未分類

2020.06.02 (Tue)

      心ゆかしき思いを胸に人間の耳には到底聞こえてこない音色だけど木々の小枝も木の葉も 草花も互いに何かを囁いているその囁く声が聞こえてくるそんな日々でありたいそんな人生でありたい...全文を読む

PageTop▲

前月     2020年06月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索