FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2020 031234567891011121314151617181920212223242526272829302020 05

【  2020年04月  】 

こうしたらいい、ああしたらいいと言う専門家達

未分類

2020.04.29 (Wed)

    私の勝手な考えですがコロナ対応で、政府が諮問委員会の専門家の意見を聞いて、対処や方針決定すると毎日のように言います。、またテレビ等で登場する専門家という名の方々ですが、言われることは至極当たり前で、言われる通りだけど、この方たちは、医師や看護師を管理する立場の方々で、実際の現場で戦う人達ではない。後追いじゃんけんの評論家的な方々ばかり。今、実際医療の最前線で戦っている、医師や看護師などと、一...全文を読む

PageTop▲

ひとりじゃない幸せ

未分類

2020.04.26 (Sun)

      人が恋しいどんなにお金があっても、どんなに地位や名誉があっても、それだけで人の心が平穏になれるということはありません。それよりも、自分の心が誰かの心と結ばれ、その心に支えられ、受け入れられた時、そこに本当の幸せがあるのだと思います。物や金だけだと、いつしか心が枯れていく。誰かに、また友人に、そして家族等から無視をされたり、忘れられた時ほど、寂しくて煩累に瀕することはないのではと思います。...全文を読む

PageTop▲

心を重ねて

未分類

2020.04.25 (Sat)

    寄り添いて、今現実の日常からはありえないような俗事や事柄を巧みな言葉やストリ-で美化し、人々を感動や抒情の世界に誘うことが物書きの仕事だと思う。その言語化された物語が、誰かに理解をされ喜ばれ承認された時にこそ達成感がある。人生も同じこと。そばで自分の言動を評価してくれる人がいることは、自分にとって都合がよいことも、都合が悪いことも、それぞれが、みんなうれしいこと。そういう人が側にいるというこ...全文を読む

PageTop▲

思惟を巡らせて

未分類

2020.04.23 (Thu)

      生きていくということ人を愛して傷ついて人を信じて裏切られそれでも人は一人では生きていけない誰かの心と繋がってこそ生きている喜びがあるいつもいつも一緒に居ることは出来ないけれどいつも一緒と思わせることは可能なこといま 愛を形にしたら長い道程を行こうとする覚醒したばかりの魂の形をして僕の心を寡占する...全文を読む

PageTop▲

エビフライの尻尾

未分類

2020.04.19 (Sun)

    僕の自虐的好み僕は他人様にはあまり知られたくない好みがある。僕はなんでも食べ物の切れ端がとんでもなく好き。例えばエビフライの尻尾のところ・・・あのパリッとした感触がたまらない。家族がちぎって食べ残したエビフライの尻尾の所を、みんなに拝み倒していただいているまた巻き寿司の端っこ、、サンドイッチのパンの耳のところ、カステラの端っこ・・・食パンの端っこ(食パンを購入したらまず端っこの匂いを心行くま...全文を読む

PageTop▲

日本の国会議員の無能さについて

未分類

2020.04.16 (Thu)

     いくら提言しても虚しいばかりコロナウイルス対策措置法に基づき緊急事態宣言が行われ、政府の対策等いろいろ発表されたが、何が変わったのだろうか・・・。知事の権限、各組織の権限が今もって不明確。責任の明確化もなく、指揮命令系統の明確化もなく、検討していると言いながら、何の結果報告もなく、医療崩壊が生じている現実にも関わらず、医療に携わる大切な方々を守る医療器具、医療用品すら守れなず、決まったのは...全文を読む

PageTop▲

過ぎた日の愛惜

未分類

2020.04.13 (Mon)

     小さな小さな出来事夕暮れの空草の上寝転んで思い出をたどる手紙を幾度も幾度も読み返し泪のつまった心をころがしていたら僕の心は花になり木々の精となって風に吹かれて舞い上がる消え入りそうな我が魂今ひと時の命を駆け抜ける馥郁たる香りに染まる蒼い空の下 彼方へ消えた僕の小さな小さな出来事...全文を読む

PageTop▲

少し固い話です

未分類

2020.04.06 (Mon)

    痴呆について考える・・・その2痴呆者は自分で何かを伝えようとしても、うまく伝えることが出来ない。そこで行動を通して、相手に何かを伝えようとする。人は共有出来る言葉を失った時、第ニ、第三の言語を使って語り掛ける。徘徊、汚物行為、夜間の大声、などの行動障害には、それなりに、きちんとした意味が必ずある。痴呆で苦しむ老いたる人に対し、長い間頑張ってくれてありがとう、お疲れ様でしたと思う心がない人が、...全文を読む

PageTop▲

痴呆症について考える

未分類

2020.04.03 (Fri)

  考えなければいけないことコロナで開けてコロナで暮れて、そして今夜もコロナで夜が更けて・・・溜息交じりの日々が続く。こんな日に、認知症で患う父の命を奪う事件を報道で知った。痴呆は老化現象か、病気かという問いに、ある人は病気と答え、ある人は老化現象と答える。病気と捉えるか、老化と捉えるかで、その後の介護の仕方に劇的な違いが生まれる。痴呆は間違いなく病気!、老化などでは決してない。癌は 正常細胞が悪性...全文を読む

PageTop▲

前月     2020年04月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索