FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2019 11123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 01

【  2019年12月  】 

一年の終わりに臨み

未分類

2019.12.31 (Tue)

  一年の終わりに臨み人にとって一番うれしいことは年の初めの自分より年の終わりの自分の方がちょっとだけでも進歩したと 実感できることだと思いますそんな年末を迎えることが一番うれしいことではないでしようか・・・あの時ああしていたらあの時こんなふうに行動していたらと過ぎたことばかりに気を取られいつまでも愚痴を言う人がいます無くしたものばかり思いを傾けしなかった言い訳をしている間に人生はあっという間に終わ...全文を読む

PageTop▲

咳について一言

未分類

2019.12.27 (Fri)

 4・.5人ほど乗っていたエレベーターに乗った。その中の一人のおばさんが、僕の隣で盛んに咳き込んでいた。片手で口を軽く覆ってはいたが、なんだかやりきれない。風邪なんだろうか・・・?、ただのアレルギ-か・・・どちらにしても時期が時期だけに気になった。僕は可能な限り呼吸しないよう頑張ったのだけれど、3階から22階までは苦しくてとうとう呼吸をしてしまった。この女性、止む無き仕儀だとは思うけれど、せめてハンカチで...全文を読む

PageTop▲

どこか、おかしくないか・・・?

未分類

2019.12.21 (Sat)

 ねぇ・・・不潔だからやめてよ!!と家内が云う・・・マロがあまりに可愛い仕草をするから、芋けんぴを口移しにマロと一緒に食べていた。そんな時に家内が言った言葉です。大丈夫!!マロは僕にとって人間の子と同じだから、僕は嫌じゃ-ないよ、  何を言ってるの!!  あなたが汚くなるから言ってるのではなく   マロが汚くなるから言ってるの!!    だからやめてちょうだい!!        どこかおかしくないか・・・・ ...全文を読む

PageTop▲

僕の大切なマロはこんなふうに寝息を立てて・・・

未分類

2019.12.18 (Wed)

 いま時刻は朝の4時53分・・・・この 2・.3日 全く眠れない・・いろいろ工夫するが、どうしても眠れず、どうせ眠れないなら起きていることにした。そんな時、僕の隣で寝ているマロの寝顔を見る。近頃急激に老いてきたマロは、耳が遠くなり、目がよく見えない。でも、今日も一生懸命、生きて頑張って僕に寄り添って・・・やがて来る、いつか来る 別れの時 僕は耐えられるだろうか・・・...全文を読む

PageTop▲

父よ母よ故郷よ・・・第3章

未分類

2019.12.11 (Wed)

   父が逝く  母が逝く 兄が逝くその母も父が亡くなって二年ののちに、病で倒れました。病のため寝たきりになり、目も見えず、自分で起き上がることも叶わず、上をむいたまま、やむことも無き痛みに耐えながら、とうとう雨の降る日に、この世を去っていきました。私には私を包む故郷がある。今は亡き父や母や兄と共に過ごした思い出がある。父を思えば生きる勇気になり、母を慕えば優しくなれ、兄を思えば、今また涙になる。そ...全文を読む

PageTop▲

父よ母よ故郷よ・・・第2章

未分類

2019.12.08 (Sun)

 夕暮れ時、遊んでいると遠くから "清さ-ん、ごはんよ-"と僕を呼ぶ母さんの声がする仕事からもう父が帰ってきたのだろうか。しばらくすると、母さんが迎えに来た。 "何してるの!、早く帰りなさい"と母さんは怒った声でいう。でも顔はにこにこと笑っていた、優しそうに笑っていた。帰り道、母さんと手をつなぎ、歌を歌って家路につくと、夕日に染まる空の彼方をカラスが鳴きながら飛んでいた。母さんが"清さん、あのカラスはね、お...全文を読む

PageTop▲

私の故里は・・・第一章

未分類

2019.12.04 (Wed)

 画面左の小さな街が私の生まれた大柿町大君・・・・その街と少し離れた小さな島の間の、遠くに見える島の間から連絡船に乗って父が仕事から帰ってきた  私の故里は・・・私の故里は瀬戸内海に浮かぶ能美島、四方を海に囲まれた青い小さな能美島。見上げれは夕日に染まる山々が、私の住む町の家々を優しく包み込み、見渡せば、波一つない海面を櫓でこぐ小舟が、ゆっくりと行き交っていました。40分ほどの道のりを、歩いて通った子...全文を読む

PageTop▲

前月     2019年12月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索