FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

【  2018年06月  】 

一般論ですが

未分類

2018.06.28 (Thu)

    我慢するという意味ある方から意見を求められた・・・"娘が結婚したいというのだが、相手の男性は育ちも性格も容姿も申し分なく、 親としては大賛成なんだが、娘が云うには、少し浪費癖があって今まで何回か 注意してきたのだけど、ちょっとそれが心配"ということだった。 この結婚あなたはどう思うか"と相談された。僕の意見を聞きたいということなので、一般論としてならと断ったうえで僕の考え方を申し述べた。"僕だっ...全文を読む

PageTop▲

笑顔の功罪

未分類

2018.06.24 (Sun)

    さぁ-、。笑いましょう !!数日前、笑顔の効果を盛んに説いておられる著名な方の講演を拝聴した。そういえばその方はいつも笑顔の絶えない方で、いつの場合も、誰に対しても、常に穏やかな笑顔を振りまいて周りの方を楽しくされていた。つい先日、地方の著名な方の葬儀に参列した。僕の二列前にその方も参列されていた。全員一応に深哀の表情の中、その方だけがなんだか笑っているような表情であった。葬儀の最中笑顔などし...全文を読む

PageTop▲

夫婦について語ろう

未分類

2018.06.21 (Thu)

   虚実相手を甘やかすということは時として相手に関心が無くなっているということでもある妻の至らなさや我儘な振る舞いを黙許するのは夫の優しさとか鷹揚さからでなく妻に関心がないかそうでなければきわめて卑小な夫かのどちらかである * 夫が何も言わないことをいいことに、夫を軽視したり、無礼な言動で接しても、  何ら恥じない女性がいる。  こういう女性は思考力が乏しく、  想像力と、危機意識が欠落していると...全文を読む

PageTop▲

夫婦について語ろう

未分類

2018.06.17 (Sun)

   結婚という形式結婚生活の中で、」戸籍という形式に守られた安心の上で、夫も妻も自由に振舞い、不満を言い合い、時として憎み合う。この結婚という戸籍に守られた形式を外された時、今のように自由に振舞える生活が維持できる夫婦は、いかほど存在するだろうか。現在の安穏は形式がもたらしたもので、,夫婦二人の努力と精進の結果では決してない。このように形式に守られた安定の中にひたっていながら、今の環境や境遇や安定...全文を読む

PageTop▲

男だから・・・・

未分類

2018.06.12 (Tue)

     時には弱い心で男でもひざまずいて許しを乞いたい時もあるこだわらず泣いてすがりたい時もあるどこかで自分を投げ出して消えてしまいたい時だってあるけれど泣いてゆくところがない泣いてゆく人がいない男はこうやって こうやって年を重ねてゆくのです・・・* 三人の魅力的な30代から40代の女性の話です。  一人の女性が"うちの主人は無口で、おとなしいのはいいんだけど、覇気がないのよねぇ-、  この前ね、男なら...全文を読む

PageTop▲

礼を尽くす

未分類

2018.06.08 (Fri)

 礼を尽くせば 病院から帰ろうとした時、中年のご夫婦が大声で話しながら、入ってきた。広いロビ-や待合に響くような声だった。僕の姿を全く無視して入ってきたので、寸前でぶっつかりそうになった。この方達はそんな僕の存在を無視して、互いに大声をあげながら、診療科目の診察室を探しているような気配であった。人は時と場所と環境にあったような振る舞いをしなくてはいけないと思いながら我が身に置き換えながら退院した。礼...全文を読む

PageTop▲

僕は明日から病院です

未分類

2018.06.05 (Tue)

 明日から三日間の予定で検査のために入院する。入院そのものは別に嫌でもないし、結果がそれほど恐ろしいわけでもない。ただ、僕は痛いのがたまらなく、たまらない。特に尿管からカテ-テルを入れて、排尿を誘導するということを聞いただけで、夜も眠れぬくらいストレスである。今さら逃げるわけにもいかないので、結局は諦めて入院するけれど、この年になってこんな怖いことを経験するなんてねぇ・・まじめに頑張って生きてきたの...全文を読む

PageTop▲

何とかならないものだろうか

未分類

2018.06.02 (Sat)

  大切にしたい公共施設  僕の家の隣にある公園・・・* * 昼過ぎから夜の八時ころまで近郊の小学生、中学生の集団が、  公園一面を使って野球をする。  子供たちの元気のいい掛け声が響き、仕事に集中が出来なくなることがある。  また、硬球ボ-ルがわが家の塀を越えて飛んできて駐車場の車を傷つけたりする。  公園一面がふさがるため、ご近所の方々は危険なため公園が使えず 、建物の横でお子さんを遊ばせている。...全文を読む

PageTop▲

前月     2018年06月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索