FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017 11

【  2017年10月  】 

秋の日の追憶

未分類

2017.10.28 (Sat)

      母はコスモスになった 故郷の庭の片隅に紫色のコスモスが咲いた母が亡くなってから毎年同じところに咲き吹く風と戯れている 母はコスモスの咲く季節を愛した野山一面に群生するコスモスの景観よりも深山幽谷にそっと咲いているそんなコスモスが好きだと言ったこれから逝く道を悟ったような言葉だった病む日々を越えあれほど帰りたがっていた故郷の家に母はコスモスとなって帰ってきた僕はそう思うようにしているだから...全文を読む

PageTop▲

往時を駆け抜けて・・・

未分類

2017.10.23 (Mon)

   僕はこうやって大人になった母ちゃん・・暑うてたまらん 暑かったら裸になりんさい裸になっても涼しうならん  そんなら海に行って遊んできんさいみっちゃんも まこと君もおらんからおもしろうない・・・  母ちゃんも一緒に海に行こう・・ 母ちゃん今忙しいんよ 清くん一人で行ってきんさい一人じゃ-つまらんから行かん   困った子じゃねぇ・・・・母ちゃん・・きょう宅和先生に叩かれたんよ  清くん・・あんたま...全文を読む

PageTop▲

ぼくの詩情の原風景・・・・その3

未分類

2017.10.20 (Fri)

     この母ありて僕を抱きしめた母は小さな箱になって僕に抱きしめられて母の大好きだったランの花咲く故郷へ痛みも 苦しみも 悩みからも解放され僕と一緒に天翔ける夢の通い路 能美島  "かぁちゃん-、帰ったよ、田舎に帰った・・・"何処からか吹く風が僕を抱きしめた母の香をのせてうつむく僕を透過した母去りて時は移ろい幾十年僕の詩情の原風景はこの母ありて他になし...全文を読む

PageTop▲

僕の詩情の原風景・・・その2

未分類

2017.10.18 (Wed)

     父の待つ泉下の旅路 遠くの寺から鐘がなる家に帰りなさいと鐘がなる  "母ちゃん・・・"と云うと  "なんね"?と母が云う  "なんもない"というと  "おかしな清さんじゃねぇ・・"と母が微笑む見上げた空は紅色に染まっていた時が移り 時が流れその母もいつしか常世へ定めの旅路しとしとと降りみ降らずみ降り続く雨の中に人知れず静かに静かに消えていった雨の日は母の泣き顔が目に浮かぶので僕はあまり好きではあり...全文を読む

PageTop▲

僕の詩情の原風景・・・その一

未分類

2017.10.16 (Mon)

   カラスと一緒に母は何かあるといつも僕を抱きしめた。テントで40点しか取れなかった時も悪いことして先生に叱られた時も喧嘩して泣いて帰ったときでもいつもいつも抱きしめた"清さんがいるだけで母ちゃんはうれしいんよ"と両手でしっかりと僕を抱きとめた学校から帰るとすぐに家を飛び出し、山を駆け回り、木に登り、海に飛び込んだ。夕暮れ時、迎えに来た母と一緒に手を繋ぎ、歌を歌って家路についた"清さん・・あの空を見...全文を読む

PageTop▲

今から博多に行ってきます

未分類

2017.10.15 (Sun)

    * 息子たちと一緒ですこの年になって息子と旅ができるなんて幸せなこと。博多の欅通りに最新の歯科医院が開業したということで、みんなで見学に行ってきます。毎年、毎年、私たちの近郊にもいろんな歯科医院が開業されるので、息子は大変だと思う。私たちは門外漢なので何にもしてあげられないけど、こうやって一緒に旅をするくらいなら大丈夫・・・・今朝はやけに冷たいから、留守番するマロが心配で、大変胸が痛みます。...全文を読む

PageTop▲

物は言いよう

未分類

2017.10.12 (Thu)

    言い方を変えると・・・・全ての人間関係は今使っている言葉のレベルで構築されていきます。ちょっと言い方変えるだけでこんなにも気持ちが明るくなります。1.ケチ・・・節約家2.デブ・・・体格がいい、風格がある3.ブス、不美人・・・・特徴のある顔、親しみやすい顔4.老けている、年寄りくさい・・・落ち着いた、渋みがある5.気弱な人・・・争い事を好まない人、温厚な人6.行儀が悪い・・・様式にとらわれない7.文句ばか...全文を読む

PageTop▲

定年後の妻との付き合い方

未分類

2017.10.07 (Sat)

    妻との賢いつき合い方講座で僕が話した内容が好評だったので、ちょっと自慢したくて書き込みします・・・・。この期に位置する妻という存在は、夫が考える域をはるかに超えて強い存在になっている。今までのように威張って通れる存在にあらず。妻とどう付き合えばよいかなどと考える前に、まず家事を手伝うこと。こうすれば邪魔者扱いされないですむ。それに加えて大切なことは1..ありがとう2..ごめん、とか、すまん  以上...全文を読む

PageTop▲

尊敬する人を持つというしあわせ

未分類

2017.10.04 (Wed)

 尊敬する人がいないということが 人生とってどんなにおかしいことかある人が、尊敬する人がいないってヘンですか・・・と僕に聞いてきました。また、別の方がちっともヘンではない・・・と答える人が僕の周りにいました。尊敬する人がいるということはその人の謙虚さの創造源です。逆に尊敬する人がいないということは、その人の人間性を物語っている気がします。こういう人はほとんどの場合、自分勝手で、攻撃的で、傲慢な方が多...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年10月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索