FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2017 081234567891011121314151617181920212223242526272829302017 10

【  2017年09月  】 

過ぎた日々、僕はこんなにも純粋だった・・・・

未分類

2017.09.30 (Sat)

   好きという意味あなたを好きになって好きということがどういうことなのか分かったような気がするいつも一緒にいたいと願い会えない時でも心が満たされたとえ少しの時間でも同じ空間に居れるだけで幸せを感じ目があっただけで想いが通じる行き過ぎる人の中のあなたの香りに立ち止まりあなたに似た人を探してしまう空の蒼さが躍って見えて風の音さえリズムを帯びる我が身を取り巻く人々の表情が温かく刹那の出来事に寛容さが生ま...全文を読む

PageTop▲

留守をするお詫びを兼ねて

未分類

2017.09.26 (Tue)

   お嬢さんよろこばれますよ・・・僕は地方より東京の方が友達が多い。だからよく上京して遊んでいる。かみさんが "一人で愉しいでしょうねぇ-"と皮肉を言うもんだから、先日帰広する時、機内販売を利用して、ご機嫌とりにハンドバックと時計付ブレスレットを買って帰ることにした。かなり派手だったけど、うちのかみさんは年甲斐もなく派手目のものを好むので、注文して購入した。CAの方が、"プレゼント用に包装しましょうか"...全文を読む

PageTop▲

いつも好き、ずっと好き、たまらなく好き・・・著書から抜粋

未分類

2017.09.24 (Sun)

    人を恋しく思うこと人を恋しく思うこと恋するということそれは・・・相手に心を奪われるということだけではなくその瞬間から自分を取り巻く世界が変わって見えてくるということでもあるたとえば空の蒼さたとえば風の音行き交う人々の表情これら全てが恋する前と違って見えてくるそして物事に寛容になり許せないことが許せるようになりなんでもない一日のなんでもない事象がなんだか雅やかに映り哀調を帯びたメロディ-に心が...全文を読む

PageTop▲

廃棄前の原稿から掲載

未分類

2017.09.18 (Mon)

  "いつも好き ずっと好き たまらなく好き・・・"から  夢に寄り添い今の気持ち言葉では到底伝えきれない言葉にするとあまりに軽く伝えきれないもどかしさが別れた後の虚しさを誘うその哀切が僕を寡黙にさせる黙することで心の中の耽美な言葉が涵養され心の中を駆け巡るあなたがいるただそれだけで怒ることもなく悲しむこともなく惨めめな時も 辛い時もみんなみんな時の中に流れて消えて・・・駆け足で通り過ぎる日々の経過に...全文を読む

PageTop▲

昔むかしの物語です

未分類

2017.09.13 (Wed)

    親友の尾関さんその日・・・沢山の来客があった、そして沢山の友達も来てくれた。みんなそれぞれ、仕事の話や家族の話、旅行の話、そして沢山の自慢話をお土産にして、いろんな人が来てくれた。目を輝かせて聞いている僕の様子を見ながら、尾関さんが、 "きみはまるで子供のようだ"と声をあげて笑った・・・・・。仰ぎ見て夜の星空 あの頃と同じ月の灯り・・・    彼はもうこの世にいない...全文を読む

PageTop▲

本当の友達とは・・

未分類

2017.09.09 (Sat)

   夕暮れになるとどんなにお金があっても人間の心は穏やかになれない。地位や名誉や財産がいかほど自分の自由意思のもとにあろうとも、心から幸せだということでもない。それよりも、自分の心が誰かの心と結ばれ、そして支えられ、受け入れられた時が本当の幸せなんだと思う。人間として心が安定し安穏として日々を過ごすためには、どうしてもほかの誰かの心が必要となる。自分の心が届けられ、相手の心が届いた時、本当の幸せを...全文を読む

PageTop▲

ああ・・楽しい僕の思い出

未分類

2017.09.07 (Thu)

     陽だまりの中で・・私わがままだから そう・・我儘なんだ・・思い通りにならないとすぐむくれるよ そうか、むくれるんだ・・・だから一人ぼっちにされるとすぐ泣いたりするよそうか、じゃ-僕はきみを置いて何処へもいけないんだ少しくらいなら行ってもいいけどありがとう  じゃ-少しだけ一人で行くねそれからね、わたし素直じゃないよそうか 素直じゃ-ないのかそうよ 悲しくても悲しいなんて言わないし会いたくても...全文を読む

PageTop▲

いつも好き、ずっと好き、たまらなく好き・・・

未分類

2017.09.01 (Fri)

 私の拙作詩集(いつも好き、ずっと好き、たまらなく好き)より抜粋。  ふわふわと・・・空がこんなにも青くて海がこんなにも凪いで吹く風がこんなにも頬に気持ちがいい何故きみはこんなにも美しいのか何故こんなにもきみの声に安らぐのか何故こんなにきみの香りに戸惑うのか花のように鳥のように雲のように月のように僕の心は定まらずふわふわ ふわふわ 漂って心がぽかぽか温かいこんな気持ちなんと表現いたしましょう時の中で僕...全文を読む

PageTop▲

前月     2017年09月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索