FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312016 06

【  2016年05月  】 

カナとマロの絆

未分類

2016.05.31 (Tue)

   カナちゃん大丈夫?マロがカナに付き添う・・よろよろ歩くカナのそばをいつもマロが付き添っている。病院からカナが帰ってきた時など、待ち切れずにカナの入っているゲ-ジの止めカギを開ける。マロはカナに軽くチュッとし、カナはマロの体にすりすりする。夜半にカナ鳴く・・・外に出たいとカナがなく・・・カナの大好きなベランダに出してやると、彼女はじっと夜空を見上げて小さくにゃっと鳴いた。煌々と輝く月の灯につつま...全文を読む

PageTop▲

カナの懐旧・・・カナはこうやって生きてきた

未分類

2016.05.30 (Mon)

     カナ !! 病院に行くよ・・・カナはどういうわけか、食べ物の趣向がうるさい。彼女の好きな食べ物は安価でなくいつも高価なものばかり・・・あまり裕福でない我々としては少々頭の痛いことではあったが、長くもない命なら、好きなものをどんどん食べればいいと思い、頑張った。足が痛くて夜中に大声で鳴くことがあります。そんな時、私と家内が交代で体をマッサ-ジしてやりました。トイレから出られなくなって悲しそうに...全文を読む

PageTop▲

亡くなったカナを訪ねて

未分類

2016.05.29 (Sun)

     カナは3万円の値札が付いでゲ-ジの中にいた耳が折れているあのスコティシュフォ-ルドという猫種の通常価格は、20万円くらいからなのに、カナは3万円。理由は、近親交配のため体にたくさんの異常があるとのこと。  体が子猫くらいしか大きくなれない、  手足の関節が考えられない方向に曲がっている、  脊椎側彎のため、背中がまっすぐなれない、  生まれつき心臓に異常があるため、血液が流れにくい、  長...全文を読む

PageTop▲

カナをだきしめて

未分類

2016.05.27 (Fri)

 カナ…苦しいか ?カナは腎臓がほとんど正常に機能していない。心臓狭窄症という病気もあり、動物病院の医師から8ケ月前に末期と宣告された。毎日、家内と二人で点滴をし薬を飲ませ、マッサ-ジを繰り返し、それこそ必死で看病ながらし、今日まで何とか生き永らえている。でも、もう限界かもしれない・・・・再び物がのどを通らず、何も食べれなくなった。口だけ開けて声も出せなくなった。時々か細く にゃ・・・と鳴く。とうさん...全文を読む

PageTop▲

私の大好きな詩情です

未分類

2016.05.24 (Tue)

   はらはらと あなたの言葉がこぼれ降る あとからあとからこぼれ降る あなたの人生という木から 尽きせぬ木の葉が はらはらと 光となって降り注ぎ あたりを黄金に染め上げる 私もあなたの言の葉を 両の手に受け 身にまとい あなたの命にあずかろう...全文を読む

PageTop▲

男の心と女の心

未分類

2016.05.22 (Sun)

    財布を買ってちょうだい  長男が高校生の時可愛がっていたテッチャンです   40歳になる長男から、彼のお嫁さんを通じて依頼があった。 "義父様さま、主人からなんですが、お父さんに財布を買って欲しいと頼んでこいと言われたんです。 いい年をしてみっともないから自分で買いなさいよと、いくら言っても聞かないんです。 義父さんに頼んでくるように何回もきつく言われたものですから、 こんなことをお願いして本...全文を読む

PageTop▲

動物の嫉妬心は人間と同じ

未分類

2016.05.20 (Fri)

   マロの心3日に一回の点滴を受けているカナの皮膚は、カチカチに固くなり、大変辛そうなので、僕は点滴の後からカナの体をマッサ-ジしている。カナは僕にマッサ-ジをしてもらうと、気持ちよくなって、にゃっ、にゃっ、と小さく鳴き続ける・・・その様子を近くで見ていたマロが僕のところに飛んできて、、カナを揉んでいる僕の手を鼻で払いのけた。一瞬、何をしてるのかわからないから、そのまま続けていたら、今度ははっきり...全文を読む

PageTop▲

今日の幸せ

未分類

2016.05.17 (Tue)

 足早に過ぎていく時を感じながら、怠惰に日々を落として生きていくのではなく、愛しさと優しさを添えて今を生きていくことが、幸せの真髄だと思います。   さよならのあとで人を愛するということは美しいことだと思っていたのにそのかたちは あまりも哀しいあなたと過ごした時の流れは辛い事のほうが多かったうまく愛が伝わらず食い違う思いの狭間でいつも佇んでいたような気がする幾つもの言葉を繋ぎあわせ離れていく明日を引...全文を読む

PageTop▲

心を整える

未分類

2016.05.16 (Mon)

    食欲・・物欲・・名誉欲東京都の知事の醜い日々の過ごし方だけでなく、殆どの国会議員に始まって地方の政治家の不正な行いを日々見聞きする度に、諦めにも似た焦燥感に包まれてしまいます。人間にはあらゆる欲があります。これらの欲が適度に調和され、ほどほどのバランスがとれた状態だと、欲という感情も有益なエネルギ-になりますが、度を越すと、いわゆる虚栄心や見栄となって、ぶざまな行いに走らせ、心労が生じ、不安...全文を読む

PageTop▲

僕の原風景

未分類

2016.05.11 (Wed)

    蘇る昔日の出来事  幼き日々の流れの中で、母はいつも僕を抱きしめた。テストで40点しか取れず先生に叱られた時も、悪いことをして、よそのおばちゃんに怒られた時も、友達と喧嘩して帰った時も、いつもいつも僕を抱きしめた。"清ちゃんがいてくれるだけで母ちゃんはうれしい"と両手でしっかりと僕を抱きしめた。学校から帰ると、カバンを放り出してすぐに家を飛び出し、山を駆けまわり、木に登り、海に飛び込んだ。夕暮れ...全文を読む

PageTop▲

日々の流れをかき集めて

未分類

2016.05.09 (Mon)

 一日の中のなんでもない事に心を寄せてながめてみれば、ほんの小さな出来事が、彩りを添えて心に染みてくる。そんな揺れる心の有り様を、繋ぎあわせて言葉にすれば、僕にしかわからない小さな物語が出来上がる。  消えゆく慕情探り求めていけばきっと別れ道に辿りつくから全てを悟ったふりをしてきみの全てを受容する心の中で回帰する幸せ 幸せ 不幸せテ-ブルの上のコ-ヒ-カップがすっかり無口になった二人の間の空気も不透...全文を読む

PageTop▲

いま大変不満に思っている出来事

未分類

2016.05.07 (Sat)

  東京都の知事さんの公金使用のあり方についてブログで公開するべき案件ではないと思いますが、こういうの駄目ですよ  !!。この人の弁解理由を聞いていると品格がなさすぎ。また、自分の評価すらまともに出来ていない・・・社会人として最低限の権利と義務の確立もできていない・・・こんな人を政治家にしてはいけませんよ !!弁解の言動も:誠に下劣で下種であり、俗物根性がありすぎると思います。こういう心の貧しい人を政治家...全文を読む

PageTop▲

ストレスなのだ

未分類

2016.05.05 (Thu)

     亡き猫のニュ-トンと犬のマロのある日の出来事ですいつもはもつれ合い くっつき合ってそれはそれは仲の良い犬のマロと猫のニュ-トンがなぜだか今日は睨み合っているニュ-トンは背を丸め 尻尾の毛を逆立てて唸り声を上げながらマロを威嚇していたマロはというと怒っているいるニュ-トンに近寄りからかうように声を上げて前進と後退を繰り返していた怒り心頭に達したかニュ-トン・・唸り声と共に三歩前進攻撃日頃おと...全文を読む

PageTop▲

大変どじな猫のお話です

未分類

2016.05.03 (Tue)

   おじさん ありがとう昨日の昼下がりやけに肥ったどこかの猫がゆっくりと歩いてきた怖がる様子もなく私の側を悠然と通りすぎて行くあまりに堂々としたその雰囲気に私は憧憬の眼差しを彼の後ろ姿に向けた彼はさっき通り過ぎた大きな板塀の穴を通り抜けようとしていた身を屈めやおら穴の中へと入っていったけれど肥満した下半身が邪魔をして通過が出来ないからだの半分は塀の中におしりの部分はまだ道路側に突き出た状態であつた...全文を読む

PageTop▲

あまり好評ではないようなので、世間の常識シリ-ズは今夜で終わりにします

未分類

2016.05.03 (Tue)

 私の思う世間の常識の間違いは以下のとおりです。1.人の長所だけ見て付き合いなさい・・・・こんなことしていたら相手の欠点を見る能力がかけてくる2.表と裏のある性格は良くない・・・・そんなことありませんよ。裏表のない人なんか1人も居ません誰もが本音のまま行動していたら社会生活が混乱してくる3.話せばわかる・・・・人の間で諍いが起きるのはお互いが自分の思う通りにならないからです。 いくら話しても直らない人は直...全文を読む

PageTop▲

考えてみたい世間の常識・・・その5

未分類

2016.05.01 (Sun)

      どん底の経験をむやみにいう人は警戒したほうがいい  不幸自慢をする人は、ひとりよがりの自己満足主義者です生い立ちの不幸とか、育ちの惨めさ、病気の不幸など我が身の不幸を語る人は、自分を卑下しているようで実は優越感を誇っている人。また、こういう方法でしか、自分の力をアピ-ル出来ない小心者が多い。"どうだ私はこんなに苦労したのにこんなに立派になったんだ"、ということを相手に云うことにより、自分の...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年05月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索