FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2016 031234567891011121314151617181920212223242526272829302016 05

【  2016年04月  】 

考えてみたい世間の常識・・・その4

未分類

2016.04.30 (Sat)

    若いんだから何でもチャレンジしようという  甘い言葉を信じてはいけない子育ての書籍の中で・・ "若いのだから何でもチャレンジしよう、君たちには十分に時間も機会もある"などと書いてあった。僕は少し違うと思った。なんでもチャレンジしていたらその人の人生は、とんでもないことになってしまうような気がしてならない。僕の知り合いで学生時代、何でもチャレンジしたために、その間、学業がおろそかになり、大学を8...全文を読む

PageTop▲

考えてみたい世間の常識・・・その3

未分類

2016.04.29 (Fri)

   自分で自分を評価しよう・・・は勘違い  自分で自分をほめてやろう・・・は勘違いある高名な講師の方が、 "人の評価も大切だが、要はあなたがどう自分を評価するかです。 人がどう言おうと、あなたが満足していればそれでいいじゃ-ないですか。 あなたの思う様に人生を渡っていくことこそ、自己表現というのです"僕は少し違うと思う。また、この講師は、次のようにも言われた。"自分で自分を評価出来る人は、できる人だと...全文を読む

PageTop▲

頑張らなくてもいいといういい加減さ・・・・その2

未分類

2016.04.27 (Wed)

   頑張らなくてもいいという、とんでもない発想に苦言を呈したい頑張らなくてもいいとか、頑張らない生き方とか、いろんなタイトルの講演会が開かれ、本が出版されています。僕が不思議に思うのは、頑張らないのなら、どうすればいいのだろうかか。どの本を読んでも一向に明快な答えは見つからない。どの講師も、疲れたらちょっと休みましょうというくらい。"頑張ったところで何になる、経済的に豊かになったところで何になる。...全文を読む

PageTop▲

考えてみたい世間の常識・・・その1

未分類

2016.04.26 (Tue)

   少し違うのではないか・・・という考え方僕は仕事柄いろんな方の講演を拝聴しに出掛けることがあります。講師の方の話の中から、僕の考え方と少し違うところがあるので、読者の皆様のご意見をお聞きしたいと思い、今日から5・.6回に分けて連載してみます。1・ 個性的な生き方が良いとする考え方だけでは通用しない。個性とは人と少し違うところがあるという考え方、すなわち、他の物、他の人から区別しうるようなその人固有の...全文を読む

PageTop▲

相手の目を見て話す人の人間性

未分類

2016.04.25 (Mon)

 1.じっと相手の目を見て言い訳をする人は嘘つきな人が多い  一般に男は相手の目を見て嘘が゜つけない、  ところが女性は違う、、、相手の目を見て平気で嘘をつく女性がたくさんいる2.しつこい人間も相手の目を凝視する。  こういう人は自己意識が大変強い。  自分は正しいという意識が強い、 意見をいう時もじっと見つめてものをいう  押し付けがましさがうかがえる3.斜め視をしたり、上目遣いで相手を見る人の魂胆...全文を読む

PageTop▲

老化

未分類

2016.04.23 (Sat)

      若くして老化する人昔の自分はこうだったとか、若いころの世の中はこんなに素晴らしかったとか、こんな昔の話ばかりをする人は、すでに老化に突入していると言われても仕方がない。どうして昔の話ばかりをするかというと、今は話題にすることがないからなのではと思う。すなわち向上心がなく、物事に挑戦する気力もないのかもしれません。いつも何かに向かって挑戦し、日々の努力を重ねている人は、後ろを振り返って、く...全文を読む

PageTop▲

考え違いをしているのでは?

未分類

2016.04.20 (Wed)

   "私は基本的に常に予定がいっぱいなんです"という女性とある女性から、私の講演やコンサ-トを一度聴きに行きたいので、そういう機会があればぜひ教えてと頼まれた。二、三の予定を知らせた。"すいませんその日は予定が詰まっています、次の月はどうですか ?"と聞かれたのでまた教えた。"すいません、その日も詰まっているんです"。というので少しむかっとした私は、"忙しそうなので、あなたがもし暇な時があったら逆に教えてお...全文を読む

PageTop▲

チャプリン(近所の大きな、体系的に不細工な猫)の近況

未分類

2016.04.18 (Mon)

      チャプリンの孤独  上が嫁さんで下がチャップリンこの1.2ケ月間チャプリンを見かけない。寒かったから外に出なかったのだろうと思うが、やはりいつも声を交わしていた彼と、何ケ月も会わないのはちょこっと淋しくもあり、残念でもあり。近所の人にその消息をたずねてみた。先月のある日の夕刻から、相方(チャプリンの嫁さんの猫)が帰ってこなくなっているということ。以来、彼はなんだか元気がなく、いつも家の中に...全文を読む

PageTop▲

難しいお話も今夜で終わりです

未分類

2016.04.17 (Sun)

 少し難しい話が続きました。明日から久しぶりにチャップリンの話などをしてみたいです。   明日という日に幸せとは自分に合った人生を送ることです何もしない 何も努力しない 何も追い求めないそんな人生なんて生きているということにはならない生きるということ 生きてゆくということは目的に向かって日々を重ねるということです目的がないと何かにぶつかった時それを乗り越える活力や気持ちが生まれてこない人は一つの肉体...全文を読む

PageTop▲

人生の道づくり

未分類

2016.04.16 (Sat)

     毎日が虚しいという人に・・・確固たる人生の目的もなく、規則正しい日々、社会に役立つ仕事もせず、自分磨きの努力や意欲もなく、家に帰っても何をするという行動意欲もなく張り合いもない・・・こんな生活を送っていればどんな人でも心がおかしくなる。精神的に、感覚的に要求不満があると、たとえ自由だからといって、無為無策に遊んでみたところで、決して心は満たされることはない。この要求なる不満を一時的にごまか...全文を読む

PageTop▲

今 ひと時の命を詠う

未分類

2016.04.15 (Fri)

   森の中へ・・・・・人知れず花が咲き人知れず実り人知れず風に吹かれて新しい命を育む巡る季節の移ろいの中で今日の私に咲く花は色も形も夢のいろ遠くから眺めることしか出来ないけれどそんなあなたの存在は私の心に遊ぶ深い森のようですいつの日か戸惑う心を道連れに未来に向かわず過去にも向かわず今ひと時の命に向かいゆっくりと歩いてみようと思います戯れに 森の中・・・どこをどうやって行こうかあなたのもとへ・・・・...全文を読む

PageTop▲

虫の心

未分類

2016.04.13 (Wed)

     あれは何だったのか講義が終わってある文化会館の駐車場から帰途につこうとして、車を動かそうとした。運転席側の窓ガラスに小さな虫が張り付いていた。しばらくするとよごよごと動き出した。追い払おうと、窓ガラスを中側から軽く叩いてみたが、虫が動じなかったので、やむなくそのまま車を進行させた。最初はゆっくりと走っていたが、こうなったら風圧で振り落としやろうと、スピ-ドをあげてみた。かなりの風圧がかかっ...全文を読む

PageTop▲

そんなこと言えない・・・

未分類

2016.04.11 (Mon)

    そんなこと比べられるわけがないでしょう 家内に聞いてみた・・・・ちょっと尋ねるが・・・去年亡くなったニュ-トン(猫)とカナ(,猫)のどちらが好きか?  そんなこと比べられない・・・カナとマロ(黒柴犬)のどちらが大切か?  そんなこと比べられない長男と次男だけど、本当はどちらが愛しいか?  そんなこと比べられない僕の実姉と実妹ではどちらが嫌いか?  そんなこと比べられないし、言えないマロやカナと僕とでは...全文を読む

PageTop▲

昔話をするおばさん

未分類

2016.04.09 (Sat)

     あの頃はよかったわぁ郊外電車に揺られて帰路につく時、通路を挟んだ横の席に三人の中年の女性達が座っていた。"あの頃は楽しかったわぁ""いま思うとあの頃が一番充実していたわねぇ""夢もいっぱいあつたし、期待もあったし""どんな未来が開けるかなどと期待もあったし""そうそう・・ときめきもそれはそれは毎日のようにあったしねェ-""今じゃこんな変わってしまって""夢も希望もありゃしない"この方たちは見たところまだ5...全文を読む

PageTop▲

今日の幸せ 明日の平和

未分類

2016.04.07 (Thu)

       マロくんと家内の違い1 .出かける時、"行ってきます"と声をかけると、  家内は隣の部屋から"は-い"と言う  マロは玄関まで送ってきて、  玄関先でしばしの別れを惜しんで熱い抱擁をしてくれる。2. 帰ってきて、"ただいま"と声をかけると  家内は二階の部屋から "は-い"と言う  マロは玄関まで飛んできて"おかえり--"と言いながら、  くるくる回って全身で喜ぶ。3. 腰が悪くて思うように動けない時、 ...全文を読む

PageTop▲

詩の作り方や、詩作の基本について

未分類

2016.04.05 (Tue)

 詩の作り方や、詩作についての問い合わせが多数有りましたので、私の小さな能力の範囲でお答えしたいと思います。総論・・・・・一つの詩作の中に一つの物語がと内容があって、その作品を通じて訴えるポイントがあって、読者にいろいろな解釈、すなわち無限の想像を掻き立てるものでなくてはなりません。詩人とは、苦しみとか、辛さとか、悲しみとか、哀れさとか、悩みとか、感動とか、喜びとか・・・・そんな心の動きを言語として...全文を読む

PageTop▲

思いつくままに

未分類

2016.04.02 (Sat)

    慕詩情淡き雲 浅き夢儚き想い 流れる情(こころ)遠く煌よう月の青き光仰ぎ見る輝く月灯り心に染みる月の雫消えさる運命 去りゆく慕情踏みゆく道の途中抱きしめる刹那の出来事今日もまた日が昇り 日が落ちてゆっくりと流れてめぐる時に染まり迷い戸惑う 齢(よわい)を重ねる天津彼方の星空に白き想いが流れゆくこの侘びしき想いいかにせん・・・・青き山 漂う雲飛びあう鳥の群れ木々のささやき行き交う人々駆け足で通り過...全文を読む

PageTop▲

前月     2016年04月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索