FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年11月  】 

悩んだ時の 箴言  

未分類

2015.11.30 (Mon)

      たまゆらに      幸せな日々とは    何も起こらず    安穏とした日常をいうのではなく        たとえ何が起こっても    慌てず    決して    落ち込まず    なげげやりにならず    前向きな気持ちで    超然としていられる    時の 経過をいう                     清種...全文を読む

PageTop▲

悟るということ

未分類

2015.11.29 (Sun)

        悟るということ      人はみな   人生の終末に臨み    我が手の中に残るものは   捨てていったものしか残らない                           清種得ることより捨てることに意義を感じるようになると、人はそれを悟りといいます。歳をとるということは、ひとつずつ悟りを重ねていくということです。 ...全文を読む

PageTop▲

想いは言葉 シリ-ズ11

未分類

2015.11.28 (Sat)

   尽くすということ   人はみな   してきたようにしか   してもらえない   だから   他人(ひと)に尽くすということは   自分を大切にすることと同じ   己を尊ぶ窮みは   捧げるにあり                     驕りをすてて   生きていくうえで大切なことは   自分が幸せだと思える陰には   その幸せを支えてくれる   沢山の人がいるということを   忘れずにいることで...全文を読む

PageTop▲

想いは言葉  

未分類

2015.11.27 (Fri)

      父母ねむる島の里      北国では降り続く雪のため   星空も太陽の光さえも   見えぬ日が続くという   我が故里の大空は   寒さにもまけず   抜けるように澄み渡り   夜空の星座は輝きまたたく   父が逝き   母去りて十余年   いま故里の山にねむる父母よ      寒くはないか・・・・                      清種父が亡くなり、母が亡くなり、後を追うように...全文を読む

PageTop▲

ブログから・・・想いは言葉から

未分類

2015.11.26 (Thu)

     道標  気に入ったその場所で  愛するものとともに生き  社会に役立つ仕事をしている時  人はみな  地位や名誉や財産などの執着心がなくなり  わが身を取り巻く全ての環境が  優しくたまゆらに映って見える    人生を儚く終わらせないために  どうしてもてに入れたい  人の行く道 めざす道です                                                 ...全文を読む

PageTop▲

想いは言葉・・・ブログから

未分類

2015.11.25 (Wed)

       生きているということ   生きていくということは   いつでも死ねる   いつ死んでもよいとする   覚悟と用意をしておいて   それでも命のあるうちは   懸命に生きていこうとする   時の経過をいう                   清種人が生まれる時はいろんな準備をするように、死ぬ時も準備が必要です。死ぬための準備も何もしていないから、その時が来たら慌てるのです。準備とは覚悟と...全文を読む

PageTop▲

終の日に

未分類

2015.11.24 (Tue)

    終の日に  目的を持って懸命に  時を刻んできた人は  その思い半ばにして  命の終わりを迎えたとしても  その人の人生は結実する  老いたがゆえの引き際も  老いたがゆえの死に際も  過ごしてきた歳月のいたわりを考えれば  そのうしろ姿は  切なくとも 美しい                          清種...全文を読む

PageTop▲

さらば 悲しみの道のり

未分類

2015.11.22 (Sun)

     ああ懐かしき父よ母よ・・・  皆様から見て私が  ほんの少し優しくて  ほんの少しでも  社会に役立つ人間であると  思っていただけるなら  そんな私を褒めて戴くのではなく  そんな私に育ててくれた  父母兄を褒めてやってください  三人とも  今はもう亡き人となりましたが  それでもいいから  褒めてやって下さい    亡き人三人に聞こえるように  声を出して褒めてやってください     ...全文を読む

PageTop▲

消えない思い

未分類

2015.11.20 (Fri)

 消したくない火を灰でかぶせて、火種を残し、必要なときに再び火を燃え上がらせる火種のことをいう。消えない思いをそっと隠してという意味にも使われる・・・これが、 埋み火 (うずみび) の意味です。    埋み火人を愛するにはいくつから始まりいくつで終わるのだろうかあなたとはじめて会った時僕は充分大人だったから戸惑う想いに悩まされうまく想いを告げられなかった心に浮かぶ想念をいくつもの言葉でつなぎ合わせ離れ...全文を読む

PageTop▲

きらきらと耀く星のごとく

未分類

2015.11.19 (Thu)

       きらきらと耀く星のように  今 たまらないほどの悲しみも  身をよじるほどの    辛いことも  過ぎ去ってみれば  満点の夜空に耀く星のように  鮮やかに光り続ける思い出となる    人はみな  思い出を重ねた先に  人生がある                      人は苦しんだ分だけ感動がある。悲しんだだけ喜びも大きい。今の苦しみ、今の悲しみは、すぐ目の前に訪れている喜びの前兆...全文を読む

PageTop▲

哀しみの耐え方

未分類

2015.11.18 (Wed)

       素直じゃないんです   物悲しい時に陰鬱 (いんうつ) になりこころ暗澹 (あんたん) とした時に険阻な表情をするのは誰にでも出来るから僕は哀しい時笑うことにしているこころ懊悩とした時も僕は笑うことにしている泣いてしまえば楽になり弱音を吐いたら素直になれると わかっているのに僕はいつも笑っている本当は辛くて本当は不安で本当は人恋しいのに何事もなかったように僕は今日もまた笑っているそうです素...全文を読む

PageTop▲

今日の指標

未分類

2015.11.17 (Tue)

          皮相      女性として一番悲しむべきことは  美醜の有無や  思いやりや優しさの散逸ではなく  女性としてのプライドが希薄で   うぬぼれだけで生きていることです  これは悲しいというより  人間として哀れで  惨めなことでもあります 清種...全文を読む

PageTop▲

知人のお見舞い

未分類

2015.11.15 (Sun)

 昨日、糖尿病から両眼の眼底出血、ついに失明しつつある人を病院に見舞った。私は彼を励ますつもりで、  "人より違う不幸を味わったら、その分、人より違う幸せを戴く事がある。   嘆いたり、悲観したりの状態からは決して明るい展望は開けない。   失明したからこそ、こんな幸せもあったのかと感じることがきっとある。   要はプラス思考を持つことである"と私は情熱をもって話し伝えた。暫く沈黙の後、彼がポツリと呟...全文を読む

PageTop▲

時には弱い心で

未分類

2015.11.13 (Fri)

           時には弱い心で男だってひざまずいて許しを請いたい時もあるのですこだわらず泣いてすがりたい時もあるのですどこかで自分を投げ出して消えてしまいたい時だってあるのですけれど泣いていくところがない泣いていく人がいない* 男とは女性より弱い部分が沢山あります。  男の弱さや淋しさ、悲しみ、苦しみなどを理解し、寄り添う事ができる・・・  そんな女性こそ、しなやかな女というのだと思います。...全文を読む

PageTop▲

今日の格言

未分類

2015.11.12 (Thu)

               愚かなる者自分の不平不満には思いが至るが相手の不平や不満には思いが至らない人がいるこういう人を自分勝手な人間という自分勝手な人は不満や不幸の原因を全て他人の所為にして己の中にその原因を見出すことは決してない                      清種* 今の悲しみも、今の腹立たしさも、みんな自分の性格が招いたもの。  人の人生において、  自分が持ち合わせている、そ...全文を読む

PageTop▲

今日のみちすじ

未分類

2015.11.11 (Wed)

      生きる指標  人は人として  美しく生きることは出来る  強く生きることも出来る  しかし  正しく清く生きることは至難である                       清種*  人が見ている時の行動より、人が見ていない時の行動の中に 人間の本質が表れる。 僕の一番難しい生き方です。...全文を読む

PageTop▲

過ぎた日の淡き想いを言葉にしたら・・・

未分類

2015.11.10 (Tue)

    昔日の告白  ためらいがちに別れたあと  心はいつも後もどり  溜息まじりに黄昏に染まれば  暮れなずむ冬の街  見つめてはいえない言葉が  心の中で優しく広がる  簡単なことなのに  大切なことなのに  あなたの前ではどうしても  今は言えない  切なく過ぎる時を越えて  季節が春を告げたなら  純白の便箋に認めて  溢れる想いを届けよう  振り向けば  季節の中を秋が行く・・・・    ...全文を読む

PageTop▲

今日の箴言

未分類

2015.11.09 (Mon)

           驕りをすてて    生きていくうえで    大切なことは    自分が幸せだと思える陰には    その幸せを支えてくれる    沢山の人がいるということを    忘れずにいることです                                    幸せの尺度    あなたにとって    幸せの基準は何ですかと    聞かれたら    生きている間    ひとりぼっちの時間...全文を読む

PageTop▲

言葉一つで空が蒼く染まります

未分類

2015.11.08 (Sun)

       素直になれば         愚かしいこと   それは   ごめんなさいと   たった一言 いえないために   別れてはいけない人と   今日までどれだけ沢山の人と   別れて来ただろうか      世の中で   別れてもいい人など   ひとりもいない                        清種* ごめんなさいという言葉は、相手のために言うのではありません。  自分が優しくなる...全文を読む

PageTop▲

少し早いけど、本日の詩作の発表をします

未分類

2015.11.07 (Sat)

      矜持(きようじ)ありがとうの一言で人が動いて友が増え社会が廻るありがとうの一言で親が喜び妻が耀き子供が育つありがとうの一言で全ての人が優しくなれるたった それだけのことなのになかなか言えないありがとうだからあなたは淋しいのです                  清種なかなか素直に言えないですよねぇ・・・、言ったらこちらが負けたように思われるとか、なんだか照れくさいとか・・・・そんな時、何も...全文を読む

PageTop▲

器の量り

未分類

2015.11.06 (Fri)

    悪口は   到底 敵わない相手に対する   究極の裏手段   だから   他人から悪口を言われたからといって   いかほどのことでもない                           清種    他人を褒めることができる人は、自分に自信がある人です。他人の悪口を言って傷つける人は、自分に自信がなくて、人を好きになる心の余裕のない淋しい人だと思います。ずいぶん前になりますが、僕が書いた本...全文を読む

PageTop▲

ほのぼのと・・・・・・

未分類

2015.11.06 (Fri)

    心もよう  ちょっとした幸せ  それは  引き出しから学生時代に    親父からもらった手紙が出てきたこと  久しぶりに昔の写真を見ていたら    母さんが元気そうに笑っていた  中学校時代の同窓会    あなたが好きだったんよと    告白されたこと  さっきまで曇っていたのに    雲ひとつない青空に変わったこと  星の間から黄金色に耀く月灯りが    切ないほどに優しいこと  なんでも...全文を読む

PageTop▲

満足するということは全ての幸せの原点

未分類

2015.11.04 (Wed)

       自分を知るということ  自分自身を幸せだと思わない人は  何をやっても幸せになれない  人にとって一番の幸せは  自分が今  幸せなんだと気づくことです                          清種* 失ったものを数えて愚痴を言い、無くした物を数えて悔しがる人がいます。  しかし、いま有るもの、得たものを数えて感謝の心を抱く人もいます。  どちらの生き方を選ぶも勝手ながら、そ...全文を読む

PageTop▲

優しさにつつまれて

未分類

2015.11.03 (Tue)

    優しく穏やかに   "あなたが傍にいると優しくなれる"・・・と   あなたがくれたこの一言は   珠玉の言の葉となって私を包み込む     私はそんなに優しい人間ではないのに   あなたがそういうから   私もだんだん   優しくなっていく   穏かになっていく随分前だったと思うが、当地の産婦人科の女医さんと二人でト-クショ-を開いたことがある。この女医さんは当地でも有名な、やり手で活動家でも...全文を読む

PageTop▲

生きていく力の源

未分類

2015.11.02 (Mon)

      一人ぼっちでない幸せ  愛する人がいる  愛してくれる人がいる  喜ばせたい人がいる  喜んでくれる人がいる  人はみな  ただそれだけで  命が輝いてくる                        清種*自分に与えられた時間を、自分のためにだけ使って生きていくのは虚しい。 誰かのために、あの人のためにと思いながら日々を暮らしていくと、 人は頑張って生きていけるものではないでしょうか...全文を読む

PageTop▲

ささやかな幸せ

未分類

2015.11.01 (Sun)

    * ささやかな幸せ幸せになりたければ幸せと感じる心を養うことが大切ささやかなものを幸せと感じる心があれば人はみな一生を通じて沢山の幸せに恵まれる         * 時が経てば幸せだと思うことがある不幸だと思うこともある時が経ったときどちらも生きていくうえで大切な瞬間だったと思えるようになる辛い時僕はこうやって自分を励まして生きてきた                  清種...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年11月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索