FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

【  2015年10月  】 

幸せの定義

未分類

2015.10.31 (Sat)

     妻の幸せ  夫の幸せ  妻の本当の不幸は  夫が妻を愛さなくなった時ではなく  妻が夫を愛せなくなった時からはじまり  夫の本当の不幸は  妻が夫を愛さなくなった時ではなく  夫が妻を愛せなくなった時からはじまる  人はみな、  誰かに心から愛されたという記憶と  誰かを心から愛したしたという実感がないと  生きていくことは難しいのです                          ...全文を読む

PageTop▲

癌と闘うその人に  ・・・ 後章

未分類

2015.10.30 (Fri)

        託す言葉   形見とて   何か一言 いい残せ      共に歩きし 我が友よ   何か一言 いい残せ      我が運命(さだめ)     あなたと共に * 全ての願いも虚しく、時が無常に経過しています。  あまりに非情で、あまりに暴力的に、やつれていく友を、  しんしんと包み込んでいく。  この時の流れの果てに、友との永久(とわ)の別れが現実になる。...全文を読む

PageTop▲

病気と闘うその人に ・・・ 前章

未分類

2015.10.29 (Thu)

    我が友よ  苦しみを耐えるには  泣くか  叫ぶか  黙って耐えるか  三つある    その中で  黙って耐えるのが  一番つらい    我が友よ  泣いて騒いで  癌と闘え 清種 その苦しみを、その懊悩を聞いてあげるしか出来ないけれど、あなたの心に寄り添って、一緒に泣いて、一緒に悲しんで、今日のひと日を越えていこう・・・・と僕...全文を読む

PageTop▲

今日は書き込み出来ません

未分類

2015.10.28 (Wed)

 今から東京に出張です。ちょっとだけ忙しいと思うので、今夜は書き込みが出来ません。明日の夜、遅くなりますが、実行します。じゃ・・・また明日。...全文を読む

PageTop▲

言葉に遊ぶ

未分類

2015.10.27 (Tue)

    澄み渡る空の色は     雲ひとつなき青空を      澄んだ心で見上げられ      花がきれいといえるのは      それは      あなたの心がきれいだからです                                清種* 心に疚しさを持ち、人を疑い、人を悲しませ、嘘偽りの人生を歩み、  また、弱者を苦しめ、人を騙し、世の道理から外れたことをしていたり、  見栄を張り続け、人を...全文を読む

PageTop▲

たおやかな日々に染まる

未分類

2015.10.26 (Mon)

   今日は楽しい日であった   あなたと話が出来たから    今日はうれしい日であった   あなたの優しさにふれたから    今日はさわやかな日であつた   空がこんなにも青くて    今日は喜びに満ちた日であった  さみしいあなたの   そばにいてあげられたから・・・                         清種...全文を読む

PageTop▲

悩む前に

未分類

2015.10.25 (Sun)

    明日 明後日 来年と   先に望みをかけて生きることは   大切なこと   しかし   それよりもっと大切なことは   いま目の前に起きていることに   全力で立ち向かう姿勢である   その積み重ねが   いい明日   いい将来につながっていく...全文を読む

PageTop▲

幸せの解釈

未分類

2015.10.24 (Sat)

   人より違う幸せをもらったら  人より違う不幸も同時にもらう  あなたは 今の幸せを得るために   失ったものは何か  あなたは今 いまの不幸と引き換えに   得たものは何か  片方しか見えない人は  人間として未だ成熟していないということ きよたね宝くじに当たった人が、その幸運のために身を滅ぼす人がいる。金銭的に恵まれた...全文を読む

PageTop▲

人の所為にしない

未分類

2015.10.23 (Fri)

     嘆くな  愚痴を言うな  人の世で  人はみな  自分の性格に合ったような  出来事しかおきない今のその嘆きのもとは、全て相手の所為でそうなったのでしようか?今の苦しみは、全て人が与えたのでしようか?今の憎しみの原因は、全てあの人にあるのでしようか?たとえ、相手が仕掛けたのだとしても、そんな相手を選んだのは、あなたそのものです。悲しみや憎しみを含め、そんな事態を引き寄せたのは、全てあなたのそ...全文を読む

PageTop▲

人は差し引きすればみな同じ

未分類

2015.10.22 (Thu)

  人より違う能力のある人は  その能力に見合うだけの欠点がある解説・・・・・人並みはずれた能力がある人をみて、羨ましがったり、悲嘆にくれる必要はありません。そういう人は、持っている器の分だけ欠点がある場合が多い。お金持ちの人は、そうでない人をさげずんだり、教養や、知識を積んだ人が、そうでない人を軽々しく扱うこともあるし、美しい方が、そうでない人を哀れんだり、地位や名誉を得た人が、そういう経験のない...全文を読む

PageTop▲

物の見方を変えた時

未分類

2015.10.21 (Wed)

   受け入れて世の中なんてほんの少しだけ見方を変えると悲しいことも 辛いことも喜びに変わることがあります今のままでいいんです今のあなたで百点満点明日はきっといいことがあります物の見方物の見方を変えるにはその場の感情にとらわれない客観性が必要である辛いことも悲しいこともその時点の現実のみで左右されることなく人生の中のひとつの出来事としてとらえていけば不幸は感謝に変わることがある明日はきっと晴れ !  ...全文を読む

PageTop▲

人生は言葉とともに

未分類

2015.10.20 (Tue)

       このブログを、これからは、      言葉にすがってという内容で書いていこうと思います。人は悲しい時、辛い時我が身を励ます言葉にすがると、人生が劇的に変わることがあります。生きていれば、楽しく感動することもあれば、わが身を狂わせるほどの、苦しみや困難に出会うこともあります。今日までの私の人生は、喜びよりも、悲しみのほうが多かったように思います。その度に、私は自分を励ます言葉を自ら考え、...全文を読む

PageTop▲

人は死ぬ時何を思い、何を後悔するか  その.5  最終章

未分類

2015.10.19 (Mon)

 昨日の、人は死ぬ時苦痛か、の続きです死後の世界はあるか・・・人は死んだら何処に行くのか聴講者の方々に毎回、あの世はあるかと質問をしてみる。答えは、存在すると答える人が三分の一、存在しないと答える人も三分の一、残りの人はわからないと答える。どの答えも全て正しい。理由は、あの世とやらに誰も行って帰ってきた人は居ないから、あるというのも、無いというのも、みんな正しい。だからこそ・・・わからないからこそ・...全文を読む

PageTop▲

人は死ぬ時何を思い、何を後悔するか  その 4

未分類

2015.10.18 (Sun)

 昨日の、親しい人との別れの悲しみからの続きです死ぬ時は苦痛か死には自然死と治療死と二つ場合があります。自然死にはほとんど痛みはありません。ただ治療死には痛みを伴う場合があります。現代医療において患者の死は、医師にとっては敗北と捉えます。一日でも長く生かし続けたいと思い、あらゆる治療を行います。死は細胞の減少による代謝活動の低下によって引き起こされる生への抵抗力の減少が原因です。無理な延命治療を避け...全文を読む

PageTop▲

人は死ぬ時何を思い、何を後悔するか  その.3

未分類

2015.10.17 (Sat)

 親しい人との永久の別れの淋しさ辛さ。この世に生まれたものは全て消滅する。永久に生き残る人は誰一人として存在しない。逝く人も、それを見送る人も、5年から10年前後の違いはあれど、みんなあの世とやらに消えていく。生きている間の生産性のある時を、年でなくて時間で計算すると、たとえば・・・一年を時間に直せば 24時間-8時間(睡眠時間)=16時間・・・一年を時間に直せば16時間X365日=5840時間・・・あと1...全文を読む

PageTop▲

人は死ぬ時、何を思い何を後悔するのか   No 2

未分類

2015.10.16 (Fri)

 昨日の続きです今まで得たもののすべてを失う無念さと後悔人はみな生きている間、自分のやりたいことの全てをやりきることは出来ません。みんな、旅の途中で終わるのです。野球選手とか、いろんな能力を持っている方々が、第一線を退く時、 "我が人生に悔いはない"とよく言われますが、あんなのはみんな嘘ですよ。悔いのないほど、全てをやり切れる人なんていません。悔いがないのではなく、まだやりたいことがいっぱいあるが、や...全文を読む

PageTop▲

人は死ぬ時、何を思い何を後悔するのか   No 1

未分類

2015.10.15 (Thu)

 その1よい人間関係を構築してきたかよい人生であったかどうかの判断の尺度は、とりもなおさず、よい人間関係の構築の如何ではないかと思います。家族、特に配偶者とのよい関係が底辺にあり、子供、親、兄弟、友達、仲間、地域社会などにおける、わが身を取り巻く人間関係が、いかなる構築であったかどうか。今まで残してきた地位や名誉や財産、業績などは、去り行く時の恐怖や不安や孤独感を取り除く為に、何か助けになればいいの...全文を読む

PageTop▲

本日の講義、僕ははこんな話をしてきます

未分類

2015.10.14 (Wed)

 人は死ぬとき何を思い、何を後悔するか人はわが身の死を悟った時、自分の人生に意義があったかどうかを考える。その時、これでよかったのだと満足して死期を受け入れるか、こんなはずではなかったと、後悔の念でわが身を否定してその時を迎えるかでは、その旅立ちは劇的に違ってくる。   * その時に、人は何を思い何を後悔するか、1.よい人間関係を構築してきたか。2.今までしてきたこと、やりたいと思うことがすべて消滅して...全文を読む

PageTop▲

ちょっと!! それはないでしょう

未分類

2015.10.12 (Mon)

 夜、マロと散歩帰り、我が家の前まで帰ってきたら、門の向かいに黒いワゴン車が停まっていた。僕達が後ろにいることがわからなかったのだと思うが、助手席の窓が開いて、そこから白いゴミ袋が二つ落とされた。そして、そのまま走り去った。車がすぐ前の公道を左折する時、乗っている人の顔がはっきり見えた。運転していたのは、3,40代の男性で、助手席には、乳児を抱いた奥さんらしき女性が乗っていた。家の前の道路に捨てられた、...全文を読む

PageTop▲

老いについて考える

未分類

2015.10.11 (Sun)

 老いと認知症について人間は老いを避けて通ることは出来ない。それは地位や名誉や貧富の差に関係なく誰にでも訪れる。年輪を重ねるということは、今まで出来ていたことが少しづつ出来なくなっていくということ。その出来なくなった部分人の助けが必要となる成長に個人差があるように、老いにも個人差がある。普通に年を重ねる人もいれば、認知症を発症する人もいる。痴呆を患ってからの期間の差もあるが、普通に年をとれば、大なり...全文を読む

PageTop▲

心休めに詩情をあなたに・・・

未分類

2015.10.10 (Sat)

  あなたの情(こころ)に寄せて今ここにあなたと初めて会った時僕はもう十分すぎる大人だつた離れていく明日を引き止めたくていくつもの言葉をつなぎ合わせいくつもの想いを言葉に託して届けたけれどうまく心が伝えられず言葉が虚しく空回りあなたの心を開くことができなかった確かめれば確かめるほど離れていくなら僕は諦めなければならないと思うはじめから眺めている景色が違い求めていたものが違うのだとひとつでも多くの答えが...全文を読む

PageTop▲

思いを言葉に

未分類

2015.10.09 (Fri)

 本日は人生詩を書いてみました。悟り苦しみぬいた人間は今までなんとも思わなかったような小さな幸せが大きな幸せなんだと気がつくようになるそして威張ったり偉ぶると本当の幸せが見えなくなるということがわかってくるだから今骨身にこたえるほど苦しみ葛藤することは人間形成の絶好の機会でもある思いを伝える思いは黙っていては相手に伝わらない態度や言葉によって表さないかぎり相手に伝わらないいま目の前にいる人と二度と会...全文を読む

PageTop▲

ちょっと面白い話

未分類

2015.10.08 (Thu)

 ちょっとだけ、くすっと笑って1.近所の和食のお店のトイレに "掃除する身になって、心静かに真ん中にせよ" と書かれていた。 また、違うお店では "君のものは 君が考えているよりも長くはない !!、過信するな !!"と書かれていた。2.渡米する友人の送別会で  "このたび、ご渡米になる原田さんにおかれましては" と言ったら、  "ごとべい"とはどういう意味かと隣の老人が尋ねた。  "アメリカに行くということじゃ・・・"...全文を読む

PageTop▲

言葉に遊ぶ

未分類

2015.10.07 (Wed)

 本日は久しぶりに言葉を探して・・・・・そのまま そのまま あるがまま巡る季節の色に染まりながら人はみな やがてくる命の終焉を悟る時がくる美しいものを見て美しいと感じ人の優しさに心が洗われ美しい音色に 昔日の思い出を甦らせるそんな淡き思い出につつまれて時を刻んでいけるのは懸命に生きてきたあなたに贈る神が与えた挽歌なのだと思う今日の幸せが明日も続くように今、この時を穏かに  そしてまた穏かに・・・...全文を読む

PageTop▲

久しぶりにランドと一緒です

未分類

2015.10.05 (Mon)

 ランドの足の調子が悪くて、しばらく一緒に過ごせていなかったが、ほぼ全快したので、久しぶりに彼に頼んで乗馬した。僕も久しぶりだし、彼も久しぶり。僕達は互いの絆を確かめ合いながら、馬場を何周も歩いた。彼は僕以外の人を乗せない。他の人が乗ろうとすると、嫌がって暴れてしまう。僕が "ランド!!乗るよ" と言うと、嬉しそうに首を左右に振りながら、僕が馬上に座り終わるまで、じっと静かに待機する。その様子を見ていた...全文を読む

PageTop▲

少し笑って、少し幸せに

未分類

2015.10.04 (Sun)

 今日の故里の幸せ1. 犬が苦手なおじさんが、壁にヤモリのような格好で、両手を広げて貼りつき、  マロが通り過ぎるまで動かなかった。  僕は悪いのでマロと駆け足で通り過ぎてあげた。2. デパ-トの紳士服売り場で高齢の夫婦。  夫が "この服買おうか"  妻が "もう少ししたら、寝たきりになるんだから、少し安いのにしたら"  僕の家内もこんなふうに言うのかなぁ・・・・と悲しくなった3.ス-パ-で、スカ-トのフ...全文を読む

PageTop▲

嘘のような本当のお話・・・最終章

未分類

2015.10.03 (Sat)

 父母に4年間のお礼をいい、家族みんなで帰郷の宴が開かれ、自分の部屋に入るとすぐ姉が尋ねてきた。 "清さん、元気ないけど、彼女となんかあったの ? "四年間、何かあるたびに東京にきて、僕の面倒を見てくれた姉のその一言で、耐え続けた心が折れてしまった・・・・。姉は黙って一言も言葉を発せず、僕の哀しみを聞いてくれた。その姉も8年前に亡くなった。そして今、僕は大人になり、今がある。僕が作る詩作の背景は、悲しい...全文を読む

PageTop▲

嘘のような本当の話です・・・その4

未分類

2015.10.02 (Fri)

 心変わり僕は四年生になった。3月から始まった春の大学野球のリ-ク゛戦は、今までのそれとはまったく別な世界となり、僕はみんなから羨ましがられるような日々の中で、夏を迎えた。大学生活の思い出に、それぞれの彼女を連れて、葉山に泳ぎに行った。友は自分の車に彼女を乗せて集まったが、僕達だけは車がなかったので、親友のY君の車に同乗して出かけた。ちなみにY君の車は、日産フェアレディ-のスポ-ツカ-。(彼の実家は山...全文を読む

PageTop▲

嘘のような本当のお話 ・・・・その3

未分類

2015.10.01 (Thu)

 僕の青春仕送りだけで生活している身としては、東京出身の友達のような裕福な日常が送れるわけもなく、お金がないので彼女とのデ-トはいつも一緒に歩いて家に帰ること。本当に二人でよく歩いた。授業が終わると、待ち合わせていつも二人で寄り添って、池袋から彼女の家まで二時間くらいかけて歩いて帰った。僕の部屋には電話もなく、毎日通う近所の銭湯の帰り道、10円硬貨を握り締め、電話ボックスに入って電話した。だから僕は...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年10月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索