FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 11

【  2008年10月  】 

今を生きる

未分類

2008.10.31 (Fri)

 人は年輪を重ねると外観的な衰えと老いたがゆえのさみしさを甘受する心のおおらかさが必要となるこの反するふたつの心の狭間で思いが振り子のように揺れ動く齢若きころは時間と闘ったこれからは孤独という時間と闘わなくてはならないただ孤独という言葉にたじろぎ孤独という時の経過を嘆くのは今日までの人生が不覚悟であったということでもある人が手に出来る時間は過去でもなければ将来でもなく  過ぎていく今という刹那の時間...全文を読む

PageTop▲

マナ-について考えよう

未分類

2008.10.29 (Wed)

 数日前、栃木県宇都宮から帰りの東北新幹線の中でのこと。僕は8号車の12のB席に席をとった。隣の窓際の席に身体の大きい中年の男性が座っておられた。彼はしきりに頭を掻くのです。しかも時々髪を手でパラパラと掃います。フケが飛んでくるようでおちおち本も読めず困り果てました。あいている席に移していただこうと思いましたが、あいにく空席がなく仕方なくその席で我慢しましたが、彼は東京まで一緒でした。僕は堪らずシ-トを...全文を読む

PageTop▲

昨今の常識

未分類

2008.10.24 (Fri)

 僕の家の隣は公園。子供達がよくサッカ-や野球をしています。時々、昼間ですが塀を乗り越えてボ-ルが僕の家に入ってきます。夜9時ころ玄関のベルが鳴り、出てみると小学生くらいの男の子2人と、30代のお母さんが立っています。ボ-ルを返してくれるようにとのこと。僕は暗い中懸命に探して返してあげました。その間その母親は一言も言葉がありませんでした。黙って後ろで立っていただけでした。帰り際も何も言わずに子供と一緒に...全文を読む

PageTop▲

久しぶりにブログに挑戦

未分類

2008.10.22 (Wed)

 写真の著書(いつも好き、ずっと好き、たまらなく好き)を上梓しましたが、広島地方ではおかげさまで各書店でベストセラ-になっています。大人の恋愛詩なので、皆さん御自分とオ-バ-ラップさせて読んでらっしゃるのでしょうね。そんなこんなでいろんな人から恋愛の相談を受けるようになりました。昨日ですが、こんな質問がありました。゛いま一番好きな人に他のお付き合いをしている人のことを言うべきかどうか゛ということでした...全文を読む

PageTop▲

豊かな生涯について

未分類

2008.10.07 (Tue)

 その人の生涯が、豊かでいきいきとしていたかを図るのはその人が今までどれだけ人と会ったか、どれだけ自然や景色にに出合ったか、どれだけ感動することに出合ったか、どれだけ出来事に出合ったか、どれだけときめく場面と出合ったか、すなわちそういう出あいの数と量と深さだと思います。何も出あわず、これといった人とも出会わず、いわんや、魂を揺さぶられることもなく、小さな箱の、小さな幸せを守り、凡庸と暮らし、平凡こそ...全文を読む

PageTop▲

たくさんコメント戴きありがとうございます

未分類

2008.10.07 (Tue)

   毎日でなくていいですか?  詩作でなくてもいいですか?  日々の出来事でもいいですか?  長くなくてもいいですか?  乏しい内容でもいいですか?*いろいろ注文つけてすいません。 少しずつ、書いていきますからよろしくお願いします。 秋になりました、僕の一番好きな季節です。...全文を読む

PageTop▲

贅沢な人生という判断の基準

未分類

2008.10.02 (Thu)

 人間として最後に残すものはなんだろうか?人間としてどれだけ幸せでどれだけ贅沢な一生であったかの判断の基準はどれだけ真剣に人を愛し、愛されたかではないかと思う。人は基本的には男であろうと女であろうと一人で生きていかなくてはならない。だからこそ、人が人として生きていくために愛が必要なんだと思う。思いの深遠も、重さも、時とともに違ってくる。今の時の流れも急ぎ足で消え去っていく。好きな人から愛されないとい...全文を読む

PageTop▲

前月     2008年10月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索