FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 06123456789101112131415161718192021222324252627282930312008 08

【  2008年07月  】 

僕の一番の楽しみ

未分類

2008.07.30 (Wed)

 仕事して家に帰ると犬のマロが待っている。少し遅い夕ご飯を食べてから彼と散歩に出かける。僕は広島の佐伯区というところに住んでいるけど、彼と一緒に町内をくまなく歩いたと思う。あそこのうちの表札は少し曲がっているとか、ここのうちは夏は玄関を開けっ放しにしているとか、ここにはいつも犬が繋がれ散歩もつれていかないひどい人間だとか、何しろみんなわかってしまうぐらい、マロと一緒に歩き回った。最近無茶苦茶暑いから...全文を読む

PageTop▲

お断りです

未分類

2008.07.22 (Tue)

 恋愛詩を含めいろいろ書かなくてはなりませんが、近ごろどうしても言葉がて浮かばない。思いを言語化できない。焦ればよけい表現が出来ない。そんな自分に戸惑いながら言葉を探しているけれど、書けない。もう少し時間をください。...全文を読む

PageTop▲

望んでいること

未分類

2008.07.14 (Mon)

 望んでいることそれはそばにいてくれることそばにいられること手をのばせば届く場所にいて好きな人の香りが漂う そんな気配を感じられる場所にいられることそしてなにげない話をし小さな出来事に感動し声を聴きながら 笑い 喜ぶただそれだけの望みです好きな人が 哀しいとき好きな人が 辛いとき好きな人が 淋しいとき そばにいられたらいい・・・話をしなくても理由なんか聞かなくても ただ そばにいられたらそれでいい・...全文を読む

PageTop▲

淋しいのです

未分類

2008.07.10 (Thu)

 夕暮れの空草の上寝ころんで想い出をどる  あなたからの手紙を幾度も 幾度も読み返しながらいつしか僕の心は花になり木々の精となって風に吹かれて舞い上がる 大勢の人に囲まれているのに 孤独だし優しくされているのに  うれしくない思いやりの言葉さえも  時として煩わしい 天気がよいのに 曇ってみえて風が爽やかなのに 気がつかない謝りたいのに 謝れない素直になりたいのに  素直になれない そうです 淋しい...全文を読む

PageTop▲

ずっと好き たまらなく好き

未分類

2008.07.03 (Thu)

 黄昏時の色も鮮やかな夕日の中に佇んでいるああ、こんな夕日を確かに見た哀しいまでの美しい幻想的な夕日に染まる景色の輝きを 二人で一緒に共有したそれがいつだったかそれがどこだったかその時どんな話をしたのかどうしても思い出せないただ こういう耀う夕日の光景をせつないほどに感動した記憶だけは鮮明に覚えている空一面の黄橙色儚く流れる雲のきれぎれ舞い上がり 舞い降りる鳥たちの乱舞風の音花の香り流れる時間の静寂...全文を読む

PageTop▲

別れの後に

未分類

2008.07.03 (Thu)

 あなたに初めて会った日の夜月明かりに照らされた庭の木々がきらきらと銀色に輝いて見えたゆっくりと風にゆられた葉のひとひら ひとひらが僕に微笑みかけてくれたような気がした山から吹く風が 野山の様子や木や花の香りを運んできた眠るのがもったいないくらい気持ちが高揚しあの夜 僕は初めて 眠れないことがあるんだということを知った人を思い 人を慕う事で  人は胸が苦しいほどに痛くなることがあるんだということを ...全文を読む

PageTop▲

行ったらだめ!

未分類

2008.07.03 (Thu)

 ゛そっちに行ったらだめ゛ と大きな声で呼んでみる 返事がないもう一度後姿に向かって呼んでみるあなたはやはり振り向かない 静かだった゛向こうに行ったら何があるの゛?`花なんか咲いていないよ゛゛人通りに人なんか誰もいないよ、゛たとえいたとしても  みんな忘れ物を一生懸命探している人ばかり゛゛あなたのことなんか誰もかまってくれないよ゛゛あなたの居場所なんてないからね゛゛行ったらだめ、行ったらだめ゛  とも...全文を読む

PageTop▲

ごめんね

未分類

2008.07.02 (Wed)

 秋の日の 雨の中にごめんね・・・と言って 去っていった人がいます冬の日の 雨の中へごめんね・・・と言って 僕も消えてしまいたい...全文を読む

PageTop▲

春なのに

未分類

2008.07.02 (Wed)

 春なのに 淋しいんです春なのに 哀しいんです春なのに たまらなく さみしいんですあなたに会えない日の 僕のひと日の心もようです...全文を読む

PageTop▲

前月     2008年07月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索