FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 051234567891011121314151617181920212223242526272829302008 07

【  2008年06月  】 

日が昇り また、日が昇る

未分類

2008.06.26 (Thu)

 軒下のツバメの巣から一羽の飛べないツバメの子供が落ちて死んだ親ツバメは死んだわが子を見ていたじっと見ていた僕はその視線を受けながら土の中に埋めた雨が降っていた僕も親ツバメも濡れた夜が来て眠りがきて日が昇りまた日が昇り日が暮れる親ツバメは何事もなかったように子供たちに餌を与え続けるそして今日もまた時間がまわり 命がまわる・・・・・あなたと共に歩く時の中ですべての命が廻っているようにいつか必ず別れとい...全文を読む

PageTop▲

2、3 日 書き込みが出来ません

未分類

2008.06.23 (Mon)

 ごめんなさい、僕のこのパソコンは事務所の中にあります最近やたら多忙のため、事務所に帰ってくることが出来ません。そのため記事の書き込みが出来ません。木曜から又、書き込みを再開しますので少しだけ待ってください。                  2008.6. 23日    平塩 清種...全文を読む

PageTop▲

物書きの独り言

未分類

2008.06.20 (Fri)

 私の行く道私の人生は私自身のものですだから私の行く道は人に相談して決めるより自分で決めますそして自分で決めたことは後でどうなろうと後悔はしません人に言われて行ったことはたとえそれが思い通りになったとしてもそこには感動が伴わないし失敗したらそれを人のせいにし 責任を転化してしまう自分の人生において起きる事はすべて自分の責任と心得なければならない            ...全文を読む

PageTop▲

きみに出会えて

未分類

2008.06.13 (Fri)

 僕は きみに出会えたことに 感謝します人を愛することが どういうことなのかを教えてくれたことに感謝します地位や名誉や財産やそして誇りすらも愛の前ではいかほどの力もないことを悟ることが出来たことに 感謝します人を愛しいと思う気持ちを持つことで自分がこんなにも優しくなれたことに 感謝します自分の回りの人にありがとうと素直に言えるようになれたことに 感謝します辛く哀しく こころ懊悩とした僕の日々をひかり...全文を読む

PageTop▲

死が怖い理由

未分類

2008.06.12 (Thu)

 死が怖い理由はおおよそ次の5つです。1.親しい人との別れの悲しさ2.人生においてやり残したことに対する無念な心3.自分ひとりが死んでいく淋しさと苦しみ4.死んだら意識や心や身体はどうなるのか、どこに行くのか5.死ぬ時、苦しむのではないかという不安と恐怖次回からこの理由について、詳しく解説してみたいと思います。...全文を読む

PageTop▲

思いは遥か常世の世界

未分類

2008.06.11 (Wed)

 黄泉の世界なんて誰も行ったことがない。無いからこそ、あると思えばいいんです。ただ、こんな感性的概念を身体の中に抱懐するためには、子供の時からいつもそういう観念で人生をとらえておかないといけません。自分が、いよいよ死を自覚せざるを得ないような時期になって、こんなことを考えろといっても無理です。人は、誕生の用意はするけれど、死の用意や勉強をしない。死を受け入れるためには、常日頃から死について覚悟という...全文を読む

PageTop▲

この世とあの世

未分類

2008.06.09 (Mon)

 ゛清さん、あの世なんてあるん゛? うん、ある!゛いい加減なこと言わんといて、あんた行ったことないのに、どうしてあるなんて言うん゛?そう、この世で誰も行ったことがないのが あの世なんよ だから、無いと思えば無いし、あると信ずればあるんよ。あると思うのも真実だし、無いと諦めるのも真実。だからね、亡き父母が待っている世界があると思って死に臨む人と、無いと思って死に行く人では、命の果て方が違うし、覚悟が全く...全文を読む

PageTop▲

私 死ぬんかね-

未分類

2008.06.05 (Thu)

 ゛ 清さんね私は死ぬんかね-゛ .尿道癌から全身に転移、余命を数えなければならない姉が言う。すぐ死ぬとは思わないけど、死ぬかも知れない    油断ならない状態であることは確かだね-。゛怖いね-゛、と絶望の淵で一点を見つめながら、姉はぽろぽろと泣いた。゛清さん、死んだら身体や魂はどうなるん゛たとえ姉さんがこれで死んだとしても、死ぬのは姉さんだけではなかろう!すべての人はみんな死ぬんよ。今ここに来た先生も、...全文を読む

PageTop▲

先生 母を楽にしてやってください

未分類

2008.06.04 (Wed)

 ゛先生 母は死にゆくために苦しんでいます、どうか母の痛みをとってやってください、モルヒネの量を増やしてください゛。これ以上投与すると命の保障はありません゛たとえ死期が早まってもいいから 楽にしてやってください゛。医師というものは 人の命を救うために存在します。たとえ、それがどういう結果になろうと、その人の命がある以上人為的に死期を早めることは私の意志に反します゛先生 母はものが言えませんが、きっと...全文を読む

PageTop▲

死生観を語ろう

未分類

2008.06.03 (Tue)

 恋愛詩を終了して今日から話題を少し変え、死生観について語ろうと思う。死生観を確立させることで、人生がぶれなくなることがあります。死をどのようにとらえるか、死は死をもって終わりとするか、死は来世への出発ととらえるかで、表れてくる結果が劇的に変わります。   愛する人との別離人はみな愛する人との辛い死別に耐えながら 人生という時を重ねていく愛する人の死は残された者に人生の意義や 命の尊さ 儚さを 教え...全文を読む

PageTop▲

前月     2008年06月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索