FC2ブログ

更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2008 031234567891011121314151617181920212223242526272829302008 05

【  2008年04月  】 

僕の天使

未分類

2008.04.30 (Wed)

 あなたは澄み渡る蒼き空より舞い降りた僕の天使僕も たとえ ちっぽけでもいいから誰かの小さな天使になりたい あなたのような人になりたい今 たとえて 僕が出来ること それは   ただ尽くすこと報われなくても 報われなくても ただ ひたすら 尽くすだけ...全文を読む

PageTop▲

失いたくないもの、大切なもの

未分類

2008.04.26 (Sat)

 人生を安穏として過ごし心たおやかに生きていくためにはどうしても他の誰かの心が必要となる他の誰かの心と結びつくこともなく支えられることもなく日々を刻むことほど虚しいことはない僕は今生まれてはじめて心をつなぐ大切な人の存在があることに喜びを感じ  なければいいのにと思う苦しみも合わせ受け入れる人は失いたくないもの 大切なもの  傷つけたくないものなどを   守り続けるにはそれなりの忍耐が必要でありそれ...全文を読む

PageTop▲

恋着のかけひき

未分類

2008.04.25 (Fri)

 すぐ返事したらなんだか心を見透かされそうだから二日返事を遅らせた慕う心を抑え わざと気のない事務的な返事をしたら゛そう、じゃ-又いつか゛と言われたこんなにもあなたに会いたいのにこんなにもあなたの側にいたいのにこんなにもあなたの声を聞きたいのに 眠っている時も 目覚めている時も 歩いている時も 佇む時も私の一日はすべてあなたに懐柔されているというのにあなたにそう言われたから会いたいと言えなくなった ...全文を読む

PageTop▲

愛するということ

未分類

2008.04.22 (Tue)

 目には見えないけれど儚くともせつなく耀よう線を越え相手の心に近づいていく時の素直な心の昂ぶりに心はいつしか揺らめきに染まるその昂ぶりこそが人の命を明日へと導いていく愛するということ・・それは欠点を含めてその人のすべてを受け入れるということ愛するということ・・それは今まで培ってきた自分の背景を刹那のうちに破壊するということ愛するということ・・それは自分のことより相手のことが大切になるということ愛する...全文を読む

PageTop▲

タイトルが決まりました。

未分類

2008.04.19 (Sat)

 この秋に出版する予定の著書のタイトルを下記のように決めました。全国のいろんな方から、教えていただきありがとうございました。心からお礼申し上げます。      タイトル   ゛いつも好き ずっと好き たまらなく好き ゛                           ...全文を読む

PageTop▲

あなたに伝えたいこと

未分類

2008.04.17 (Thu)

 あなたがそばにいる ただそれだけで景色が語りかけてくれる空気に香りがして降る続く雨音がリズムをおびてくる曇り空さえ情感に染まり庭の木々のささやきが聴こえ見えない世界が見えてくるあなたがそばにいる ただそれだけで怒りさえもいつしか喜びに変わり行きかう人々がみな優しく映り僕を取りまくすべての人に慈しみを感じるそんなあなたが僕を大切に思ってくれる泣きたいほどにうれしくて 言葉に出来ないほど心が躍動するこ...全文を読む

PageTop▲

その出会い、その瞬間

未分類

2008.04.14 (Mon)

 茶の湯の「一期一会」 という言葉があります。誰でも知り、理解し、よく使われる格言のような言葉です。一生に一度しか出会いがないものとして、その出会いを大切にしなさいということ。知識として理解し、感覚としてすべての人が享受出来るこの言葉。でも、そう思いながら付き合える人が、本当にわが身の回りにいるのかということになるとはなはだ心もとない。    読者の皆様にお尋ねしたい!皆様の今の縁は、我が人生最後の縁...全文を読む

PageTop▲

瞬く間の春

未分類

2008.04.12 (Sat)

 人は人を愛して裏切られ、人を信じて傷つけられる。それでも人は一人では生きていけない。そこから人は人となり、心を開き、哀歓を感性としてとらえることが出来るようになる。恋に堕ちていく時間の流れは、輝きを増し鮮やかだけど、それに比べて、別れのはじまる時の流れは、行き場を失った木漏れ日のように、どこか淋しく曖昧。    瞬く間の春瞬く間の春でしたあなたへの想いは伝える術さえ知らぬ私の心あなたを慕う私のこの...全文を読む

PageTop▲

故郷に染まる

未分類

2008.04.11 (Fri)

 この澄み渡る空気の中で積年の哀しみを消し去ろう日の暮れの紅色に香る風に吹かれて足を投げだし何も言わず 何も語らず海の彼方に沈む夕日に染ろう心に染みこむ水の冷たさ誰一人 過去の共有無き心の落魄時の流れがゆっくりであたりの景色があまりに静寂で山や海や家々が蒼然として立ちすくむ無垢で純なる幼き心と向き合うには故郷を背景として果てしなく続く静けさの中に 我が身をおくしか術がない僕はこの静寂とした町の 夕暮...全文を読む

PageTop▲

故郷に帰ろう

未分類

2008.04.08 (Tue)

 向こうに見えるのが僕の故郷、能美島あの先に見える板塀の古い建物が僕の通った小学校僕はあそこで学びました後ろに見える大きな山が島で一番高い蛇砲山誰の助けもかりずに登りきれたら一人前の男として認められたあの稜線を下っていくと 大きな松の木があるでしようあそこですあそこに僕の父や母や兄が眠っています空どこまでも蒼く澄み渡り青空の中に迷う魂が吸い込まれていく行き交う人もなくひっそりとした秋のたたずまいの中...全文を読む

PageTop▲

風邪ひきました

未分類

2008.04.07 (Mon)

 一週間以上風邪のため、大変不快な日々。ブログの書き込みどころでなく、休みました。明日くらいから少しづつ書きます。いろんな人からのお知恵を借りて、いいタイトルの恋愛詩の本を上梓しようと思います。感動的なタイトルはありませんか。教えてください。...全文を読む

PageTop▲

読者の方々へお願いです

未分類

2008.04.05 (Sat)

 タイトルを考えてくださいこの秋ごろ本を上梓(出版)します。愛すること、恋すること、慕うこと、耐えること、我慢すること、泣くこと、抱きしめること・・・・・・・。こんな感情の流れの中で、愛する心、恋する心を表現した本にしたいと思います。この本のタイトルを考えていただけませんか。今のところ11月か無理なら来年の3月ころ出版します。...全文を読む

PageTop▲

おもいやりという行動

未分類

2008.04.04 (Fri)

 悪気は全くないといいながら自分が思っていることをはっきりという人がいます。それが自分の個性だとして自我をし賞賛する人がいます。こういう人は心が荒涼としているのではないだろうか。自分の自我を通すということは、相手の自我を抑えるということと等しい。自我を抑えられた人の感情を忖度する心がなければそれはただの小賢しい傲岸な振る舞いということになる自分がされて嫌なことは相手にもしてはならない人間の器や品格は...全文を読む

PageTop▲

前月     2008年04月       翌月

Menu

プロフィール

平塩清種

Author:平塩清種
詩人(文藝叙情派)

所属
日本ペンクラブ 会員
中四国詩人会 会員 
童謡朗読文学研究会 会員
コスモス文学 会員
広島市文化協会 会員
LC生涯学習教養講座 座長

著書
口語体叙情詩..言の葉
感動叙情詩...夢のあとさき 
箴言集・・・・・悩んだ時の箴言
          他数十冊

活動内容
執筆活動のほか、各種講演活動(言語、文学、生と死、死生観、家族、人間関係、現代医学などを中心に各地、各所で活動中)。またギタ-、ハモニカ、ピアノ等の奏者であり、各種イベントやディナ-ショ-などのコンサ-トを行っている。

趣味は
犬や猫と遊ぶこと。




     

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索